あなたが話している時、相手が見ているところとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現実の社会で感情を爆発させていたら、「こいつ、どこか頭おかしいぜ」となりますが、
この場は非常に閉ざされた空間ですので、大丈夫です。
ここは、同じ志し、同じ方向を見ている人たちですので、『さらけ出す練習』を、ここで
出来なかったら、はっきり言ってどこでも出来ません。
なので、自分を『さらけ出す練習』の場にしてください。

そして、それを見るみなさん自身も、相手をどこまで引き出せるかという事が、私達セールスライターとして、クライアントに信頼してもらい、話を聞くというスキルです。
聞くスキルがないと、相手から引き出すことすらできません。なので、ここの空間で前に
出て話す人間がしゃべりにくい環境を作っているようであれば、聞き手側のみなさんが
聞くという事が出来ていないということです。そうですよね。当たり前の話です。
相手がしゃべりやすい空気、しゃべりたいと思うような空気感を、みなさん自身が持たないと、クライアントの前に行っても相手は話してくれません。

それに、聞いているとき、自分が相手から抜き出してやる、相手からすべてを抽出してやる、吸い取ってやろうという人間に対し、人は心を閉ざします。実際そういう人間はいます。現実、人と話していて「うわー、この人、気持ち悪いわ」ということないですか?
それは、「吸い取る」というその人の生き方があるんですね。「人から奪う」という生き方があります。そういう話をし過ぎると、またおかしなところに入れられたと、思うかもしれませんけれども。

全てはそういう原理原則で成り立っていますので、まずは自分が出さないといけない、
発言しないといけないし、相手がしゃべりやすい空気を自分自身がまとわないといけない。
これはもう、必要最低限のスキルです。
これが出来ないと何を学んでも意味がありません。どんなしゃべり方をしても意味がありません。何を言っても関係ありません。そこはほとんど影響ありませんから。

相手に感情を伝える音が気持ちいい音なのか、信頼できる音なのか、身振り手振りに自信
があふれているのか、というところで人は判断しています。
どれだけすばらしい内容をしゃべろうが、目も見れずに「あのですね、、、これはこうやってですね、、、」という状態では、どうして契約がとれるでしょうか。取れるわけがありません。

お客さんは、あなたの『自信』を読み取っているんです。
目線でその人がどれだけ自信を持っているかを読み取っています。
音ひとつでその人が真実を語っているのか、うそをついていないかというのを聞いていま
す。内容は最後の背中を押す一つでしかないのです。
『人は感情で決断し、論理で正当化する』という、セールスコピーを学んでいるならご存
知だと思いますが、それと同じようなものです。
人は空気を見て、その人を信じるか信じないかを決め、論理・内容で正当化する、という
だけの話です。対人関係はこれがすべてです。

なので、この場所は、その練習です。そんなことを練習できる場所は基本的にありません。というか、本来、さらけ出すことは、やらないといけません。普段から人と付き合うとき、やらないといけないのです。すべてそのようにして付き合っていかないといけないのです。ここは、それを一番に練習できる場所、実験できる場所です。ですから、まずここで練習し、実験すればいいのです。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?
 
「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support
 
P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!