あなたが付き合うべきでない最悪のクライアントとは?|集客販売代行起業講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セールスライターで起業したら
まずやらなければならない重要な事。

それは、
クライアントを獲得する事ですよね。

これがなければ始まりません。

ところが、
クライアント獲得が思うようにいかないと、

「誰でもいいので、
是非クラアントになってください」

となりがちですが、、、

チョット待ってください。

誰それ構わず
クライアントになってもらうような事は
お勧め出来ません。

何故なら、クライアントにとして
付き合うべき人と
そうでない人がいるからです。

クラアントとして付き合うべき人は、

こちらの提案したことを
どんどん実践してもらえるような
クラアント。

どんなに良いコピーを書いたとしても
クライアントにも行動してもらわないと
マーケティングは動きません。

そして、そういったクラアントは
全体の2割の、どん底(崖っぷち)
にいるような人達です。

こういった人達は
もう、やるしかないので
とんでもなく行動します。

「自己破産 OR やるか」なので。

事実、
私がこのマーケティングの世界に来たのは
完全に、この

「自己破産 OR やるか」です。

私はかつて1年間で5千万円の赤字を出して
2千万円くらいの借金をした事があります。

その時は、もう
やらないと本当に潰れる状態でした。

だから、真剣にマーケティングを勉強し
とんでもなく大量行動したんです。

なので、
こういった、どん底の人達は
クライアントとしては最高なのです。

逆に、付き合うべきではない
最悪なクラアントは、

続きは動画で、、、
↓ ↓ ↓