人生における「唯一のムダなこと」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、世界的な素晴らしい音楽家の方と一緒にお食事をさせて頂きました。
その時に彼が言った言葉で、すごいなと思ったことがあります。

「日本人は優秀すぎるがゆえに、世界で通用しない。」

何故かわかるか?
なぜそうなのか?
という話になって、全然、見当もつきません。

「それは、日本人は言われた通りの音しか出せない。
 でも、音のズレが奥行であり、文化だ。
 そこが美しいんだよ。
 そこが芸術なんだ。
 そこに、人は心動かされるんだ。」

という話をされていました。
その方の話はすごく楽しくて、一緒にいて楽しい時間です。
トップランナーというのはすべて感覚が一緒です。
トップランナーは完璧を求めていません。
そうではなく「完璧でないもの」を求めています。そして、それを楽しむことが人生の豊かさであり、楽しみであるという風に認識をしています。ですので「予想外の事態の方」を私たちは望んでいるのかもしれません。
成長のチャンスだから。
魅力を得るチャンスだから。
そういう風に考えるべきというか、事実、皆さんそうです。なので、考えてみてください。

その方がおっしゃる通りなんだと思いました。
歌手、歌い手さんが、音程通りに一切のズレなく歌ったとしましょう
誰の心にも響きません。
美しくも何もありません。
ビブラートすらないということです。
人はビブラートや音の揺らぎに、心地よさを感じ、感情が動かされるわけです。

そして、その人生におけるゆらぎをもたらしてくれるのが、みなさんの
・苦しい体験
・嬉しい体験
・悲しい気持ち
というものになります。

ですので、みなさんの人生における無駄なことは、ひとつとしてありません。
ひとつとして無駄なことは無いのです。

ただ、唯一、無駄があるとすれば、
「効率の良いことをやろうとしている時」
これこそが無駄です。
なぜなら価値がないからです。
最短ルートに価値がないからです。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?
 
「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

http://kusunosetakeshi.com/support
 
P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!