成果を出したいなら、誰もが知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はいままでたくさんの方に
コーチングをしてきましたけども、
成果を出している方の共通点は、

言われたことを言われたとおりに
やり続けた人だけです。

だから僕は自分のノウハウを提供して
成果が出なくても
なんら心に負担が来ません。

だって、やっていないだけだから。

何も恥じることはない。
お金をいただいたとしても教えるまでが
僕の仕事です。

やるかやらないかを決めるのは
相手の仕事です。僕はそのコントロールの
外です。

やり続けた者が成果を出す

とはいえ、
やってもらわないといけないから、
やる気にさせるし、

やろうと思う影響を与えるとこまでは
死ぬ気でやります。全力でやります。
出し尽くします。

けれどもやったかやってないかについて、
僕は気に病む必要すらない。それは僕の
関係ないことだから。

けれども分かっているのは、
成果を出される方はやった方です。
やり続けた方です。

疑いを持ってもらってもいいです。
こんなんほんまかって思ってもいいです。

けれども、現にやっている人が
成果出しているんです。

毎日やるんです。

全ては積み重ね

一日やって成果出ますか?出ません。
一か月やって成果出ますか?出ません。
一年やり続けました。成果出ますか?

大きく差が開きます。

私たちの差は、積み重ねの差でしか
ありません。一日の差ではありません。
積み重ねの差です。

すべて積み重ねの差です。

ですから私たちの周りで成果を出している
方たちというのは、皆さん一緒です。
やり続けています。

何か単発でこれをやったらという話は
一切会話の中に出てきません。

師匠に拒否されました・・・

このあいだ長部さんという、ユーチューブの
卓球でいま5万人の登録者数で、世界三位
という方がいます。

卓球関係のチャンネルで。世界三位ですよ。
登録数がね。すごすぎます。

僕の動画マーケティングの師匠です。
その彼に、

「うちのチームで講師をしてくれないか」、
「お金ももちろん払うので
やってくれないか」とお願いしました。

彼の返事は「嫌だ」、と言いました。
「うっ」ってなりました。
「えっ、まじっすか?」みたいな。

誤解のないように言っておくと、
「教えることなんてもう言っている」
ということです。

動画を毎日上げること。
動画のタイトルをつけること。
ルールに則って。

まあルールが少しあるので、それは教えて
もらっていました。
毎日上げることも教えてもらっていました。

そして、再生リストを作ること。
「この三つしかないんだ。
ユーチューブは。」

「なんで嫌かっていうと、全部だよ。
全部使っているから、ユーチューブだけ
教えたってどうもなるものでもないし、

それはもう言っていることだから、
もう受けたくない。」
つまり不誠実だっていう話ですね。

全部なんです。

1は最悪の数字

成果を出しているマーケッターは、
考えられるすべての施策に対して、
思考を張り巡らし、どれからやるっていう

順番を決めているにすぎません。

つまり、やれることは
すべてやるという思考です。
真逆じゃなかったですか?

これさえやれば上手くいくということを、
見つけてそれだけやっていたい。
そんなのはないんです。

考えられる全ての施策をやるから、
事業に強靭性が備わるのです。

だって、見たことあるでしょう?
1は最悪の数字だって。ないんですね。

じゃあそれをもたらしてくれるのは
何なのかっていうと、毎日の積み重ねです。

毎日毎日いろんなことを考えて
やりつづけたから、そういう日が来ます。

そして彼は、

「いいよ別に、そのチームで食事会かなんか
開いて、そこで僕が話をすれば
いいんでしょ。お金もいらないし」

って話を最後にしてくれました。

彼は全力で生きているから、
全力で僕に貢献したいと思ってくれて、
その提案をしてくれました。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

http://kusunosetakeshi.com/support

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!