あなたは、上質な顧客の数を増やすための 絶対の法則をご存知ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのビジネス、
あるいはクライアントの顧客の層を
80対20の法則で分類すると、

上位から VIP が4%、
AAA は16%、AA+が12%、
AA は48%、A が20%に分けられます。

その中で、A のお客は、
たまたま一度商品を買ってくださった一元客。

AA のお客は、最低限のものは買ってくださる、
定着した客層。この方達は、必要最低限度の
ものしか買わないです。

未来を見据えた上での予防的行動は
されないので、予防的な買い物をしません。
最低限の買い物しかされないです。

松竹梅でいう竹の価格帯のものではなく、
梅しか買いません。
ですが、梅は買ってくれます。

だから、梅を買ってもらえるように
しなければなりません。

この層の方達は、
上位の層の方にはなりえません。

それでも
下位の層のお客さんが必要な理由

ですが、なりえないからと言って、
必要がない、要らないと言っていると、
全体が地盤沈下してしまいます。

なりえません が、この方達が48%、
A も含め68%いて、
上位の30%の方が存在します。

上位の 層の数を増やそうとしたら、
底辺の数を増やすしかないのです。
つまり、総数を増やす しかありません。

質は、量でしか担保できません。
これも、宇宙の法則です。

会社組織でも、学校という組織でも
そのようになっているはずです。

進学校の 1 位から10位までは、
世間一般の方からすると
別の生き物のようですね。

なぜなら、勉強が好きなんです。
クレージーです(笑)

僕は、中学校の県の模試で
1位を取るような子供でした。

中学までは才能だけで
勉強も何とかなってしまうんです。

ですが、高校へ行くと、
好きか嫌いか、のめりこめるかどうか、
没頭できるかどうかで差がつきます。

進学校だと勉強量が多すぎるのでね。

上位4%の生徒は、勉強が大好きなんです。
すごいですよ、予習復習して
学校の授業受けるんです。

頭がおかしいのかと思うくらい。(笑)

テスト前の1週間前に
1回復習終わらせているんですよ。

テスト期間勉強したか聞くと、
「あぁ、今から2回目。」

「2回目?!」

予習復習してテスト前に
1回復習終わらせて、2回目するんですよ。

勝てないです。

好きこそものの上手なれ。
彼らは そういう人です。

上位20%の方達でも、
自分のビジネスや人生において

何を優先しているかによって、
どの層に位置するかが変わります。

(優先していないものに関しては、
下の層に位置することもあります。)

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.

毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、

セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

http://kusunosetakeshi.com/support

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!