トップランナーの誰もがもっている、見えないもので見せる力とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

積み重ねをすることで、皆さん自身の存在感が重くなります。

僕のクライアントには、皆さんが驚くような、世界的な音楽家の方がいるのですが、
その方と対峙する時は、毎回、物凄くエネルギーが要ります。
言い方を変えると少し憂鬱です。
コンフォートゾーンを超えているからです。
だからこそ、真剣になって相手をリスペクトし、そのエネルギーに負けない自分になる準備や努力をします。
その結果、成長します。

同じように、クライアントにとって皆さんが、そういう存在にならないといけません。
結局やるかどうかを皆さんが決めるのです。

例えば僕が、全くの新規で皆さんと同じファックスDMを使って、クライアントのところに行ったとします。それでも僕は、僕のことを知っている人と同じ空気感を、相手に提供することができます。
それが自信であり、積み重ねてきた重みです。

僕がそうだというつもりはないですが、全てのトップランナーは、恐ろしいほどの圧力を持っています。本当に凄いプレッシャーです。
でもそれが気持ち悪くはありません。
なぜなら、そのひとから勝手に出ているもので、相手を攻撃するために出ている圧力ではないからです。
それは、その人が持つ自信だったり、今風に言い換えると、オーラなのかもしれません。
僕の真剣に思っている中では、波動という言い方をしています。
変なことをまた言い出したと思われるかもしれませんが、僕はこの存在を認めています。

自分がコンテンツをどれだけ覚えてないかを考えてみて下さい。
人はコンテンツを読まないですし、覚えないのです。
では何に人が惹きつけられているのですか?何が人に影響を与えているのですか?
波動という存在を認めた上じゃないと、今こうして僕が、たくさんの人に影響を与えられることの説明がつかないのです。

僕が学んでいる自然哲学においては、
私たちは自然の一部であり、私たちも例外なく、自然のルールの中にあるというものです。
その上で想像してみて下さい。
世の中で、私たちが目にしているもの全てが、波でできています。
視覚は全て光の波の情報です。音も熱も全て波で伝わります。
つまり、私たちの感じているもの全ては波なのです。
であれば人間の存在も、波を出して感じているということになります。
波が出ているから見えているのです。
その波が僕から出ているから、皆さんの前にいるのです。
積み重ねの重みが波になって出ているのです。
すぐに出せるものではないのです。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?
 
「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

http://kusunosetakeshi.com/support
 
P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!