相手に思いが 「 伝わる 」 ために、あなたがまずやるべきこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「感情に影響を与える」、「感情を理解する」ということが、セールスライターにとって何よりも中心となるスキルです。まずそこを磨いていくことが重要です。

ですから、私は自分の感情に言葉を与えて、直接皆さんに話をするという機会を設けています。
人前で話すということ、人前で話を整理して、相手に伝えるということです。
いや、「伝えたい」と思う必要はありません。普通に率直に感情を話せば、自分の感情を普通に表現できれば、相手に勝手に伝わります。

伝えようとして伝わる、というほどのことではありません。

わかりやすい例をあげましょう。
めちゃくちゃ怒ってる人を見たら、「ああ、怒ってんな」ってわかりますよね。英語がわからなくたって、外人さんが怒ってたら、「あ、めちゃ怒ってるやん」って、見たらわかりますよね。めちゃ悲しがってたら、「悲しい」ってわかりますよね。ただそれだけのことなんです。

しかし、私たちは社会で生きていくために、感情を感じないようにする、押し殺すことを必要不可欠なスキルとして習得しています。そうやって自分の中でフィルターがかかってるから、自分が悲しいか怒ってるかもわからないから、相手に伝わらないんです。ただ、
それだけのことです。

セールスライターの勉強をされてるあなたはご存知だと思いますが、「メラビアンの法則」というのがあります。人に伝わるのは、視覚情報が55%、聴覚情報が38%、あとは内容が7%、という話です。

つまり、あなたがクライアントさんにプレゼンしにいったところで、クライアントさんは、内容は絶対に理解してないということです。

「理解」というより、結局私たちは、人間関係の何においてもすべて「感じている」だけです。

これは、本に書いてあるような情報とかじゃなくて、私の経験で話してますので、信じよ
うが信じまいがどっちでもいいです。そんなことは関係ありません。

事実、私はそのようにやっていますというだけの話です。

結局、人は、内容を理解してるわけじゃないんです。「感じてる」だけです。
「あ、この人いいな」って信頼して、「できそうだな」とか感じてるだけです。

そのかわり、相手の行動を促進するために、相手からイエスをとるとか細かいテクニックがあります。
しかし、根本的に大事なことは、相手にちゃんと「思いが伝わる」ということです。
でも、それは伝えようとして伝えるスキルとしてとらえるんではなく、「自分の感情をちゃんと表現できる自分になる」ということが、すべてのスタートラインです。まずあなたがやることは、その練習です。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?
 
「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support
 
P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!