【社長力養成講座】 長期的な繁栄につながるのは結局〇〇を行く事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で銀行を最初に作った
男の名は渋沢栄一さん

彼は幕末から明治に移り変わった
ごちゃごちゃとしていた時代に
日本で最初の銀行を作りました。

それだけでなく生涯で
約500の企業の育成!
約600の社会公共事業!
と、とんでもなく活躍されました。

まさに現在の日本を
作った方です。

あの経営の神様と言われる
ピータードラッカーも
渋沢栄一さんを研究していた
と言われています。

そんな日本に大きな影響を
与えるほどの方が
学んでいたのが論語です。

論語は、人はどうしたら豊かに
生きれるんだろうか?と生き方を
研究したもの

彼は、素晴らしい生き方は
素晴らしいビジネスにも
つながるだろ

と、論語で教えられていることを
ビジネスで徹底してやられました。

私は彼の生き方、論語に強く
影響をうけています。

論語の中で私が
一番大切にしている
言葉があります。

私の王道にも
つながる
言葉です。

それは、

それを知っているというものは
それを好きだというものには敵わない
それを好きだというものは
それを楽しんでいるものには敵わない

お金儲けが好きでも、
恥ずかしいとかやましい気持ちがあったら
楽しいと思っているやつには勝てません

世の中をいろんな人をみていると
頑張っても頑張ってもずっと
苦労している人がいます。

一方で、お客さんからも
従業員さんからも信頼され
長期的に成功している人もいます。

一体何が違うのか?
ようやくわかりました。

その違いを動画で詳しく
話をしています。
動画をご覧下さい。

 

 

 

P.S.

楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

楠瀬健之|中小企業経営支援会

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。