自分のステージが変るとき、どんな人材やクラインアントに出会うのか?|社長力養成講座|【中小企業経営支援会】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私はこれまで、たくさんの
企業のコンサルティングをしています。

今でも継続的に関わっている企業さんもあれば
お別れした企業さんもあります。

同じようにそれぞれにお尽くしし、
サービスを提供しているのに関わらず
何がこの違いをもたらしたのでしょうか。

要因は、クライアントの成長ステージに
あるとわかりました。

成長ステージを「上、中、下」の
3つに分けると

上レベルのクライアントは、資金もあり安定した企業です。
彼らは投資ができる資金があるので良い条件で契約ができます。
しかし、こちらのスキルが相手に必要なくなれば
お別れすることになります。

中レベルのクライアントは、
どんどん入れ替わっていきます。
短期から中期的に続く場合もあります。

下レベルのクライアント
一生涯のクライアントになります。
投資もなかなか出来ない
本当にキツくて、辛い時期を
一緒に乗り越える経験をするからです。

この考え方は、
クライアントだけではなく
人材においても当てはまります。

もし、あなたが
どうして優秀な人が
会社を去ってしまうのか?
と、疑問に思われているのなら
その理由はコレかもしれません。

優秀で能力のある上クラスの人材は
あなたの企業で得たいものが無くなれば
会社を去ります。

一方でまだ優秀ではない人材を育て
一緒に苦難を乗り越えるような
経験ができれば、その人材は
一生の人材となります。

このようにクライアントとの関係と
人材との関係はよく似ています。

上クラスの人材
下クラスの人材
あなたはどちらの人材を
選びますか。

私ならどうするか。
その答えを動画で
お話しています。

動画をご覧ください。

 

この動画は中小企業経営支援会の月一講座から抜粋しています。続きは会員専用Facebookグループでご覧頂けます。

楠瀬健之|中小企業経営支援会 では、
「全国の社長が心の底からやりたい仕事に専念できる」未来を作れるよう、中小企業に必要なサポートを全力で提供しています。

P.S.

毎月たった2万円で、
楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

「月2万円でここまでやってしまって良いのか…?」と
楠瀬も悩む、中小企業の為の実践経営サポートはこちら

楠瀬健之「中小企業経営支援会」

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。