私にとって尽くすとは何か?|社長のためのマインドセット|【社長力養成講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“相手に尽くす”とは、

受け取る準備ができている人に
ほしいと言っている人に

「これが必要ですよ」
と言ってお渡しすることです。

受け取る準備ができていない人に
ほしいと言っていない人に

「こうした方がいいですよ」
と言うのは“尽くす”ではなく
ただの“エゴ”です。

なので、
もし相手に準備ができていなければ、
相手が受け取れるようにしてから
お渡しすることが必要です。

そして、毎日の中で次の質問をし、
正しく相手に尽くせたか
内省してみてください。

「最大の慈しみをもって
今日は尽くせたか?」

「自分はその人に自分の持っているもの
すべてを使っていただける在り方でいたか?」

私は、この問いにいつでも
YESと答えられるよう

私の持っているものを遠慮なく
使って頂きたいと思っています。

なぜなら

そうすれば、
私の持っているものを使おうと
多くの人が集まります。

そうして豊かになった人を
多くの人が見て
また私のところに
集まるかもしれません。

私が主宰している、
中小企業経営支援会が、
まさにこの形です。

多くの人に私の持っているものを

この会に参加してくれている社長が
この場を介して多くの人に

自分の持っているものを
使ってもらおうとしています。

これが正しい

“尽くす”
という在り方です。

そして、
それができると
ビジネスはあまりにも簡単だと
思えるようになります。

より詳しい内を知りたければ、
こちらの動画で説明しています。

 

 

P.S.

毎月たった1万円で、
楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

「月1万円でここまでやってしまって良いのか…?」と
楠瀬も悩む、中小企業の為の実践経営サポートはこちら

楠瀬健之「中小企業経営支援会」

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。