【社長力養成講座】人に問題を抱えている会社に共通する勘違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者の時の悩みの一つに、
人が思い通りに動かない
という問題があります。

私も昔、同じ悩みを抱えていました。

そしてその時は、
一緒に働いてくれている人を
思い通りに動かすため
いろいろな事を試しました。

働いた分だけお金を払うと言ってみたり、
変な夢や希望を持たせて鼓舞してみたり、
時には怒声を浴びせることもありました。

そして、無理に無理を重ね、
その無理を解決するために
もう一度、無理を重ねた結果…

がんじがらめになって、
身動きが取れなくなり
最後には全てが壊れました。

なぜ、そんなことになってしまったのか、
それは結果にだけにフォーカスして
原因にフォーカスしていなかったからです。

いまでは、その原因が何だったのか
ハッキリとわかります。

それは….

「人は思い通りに動かせる、操作できる」

そう思っていたからです。
そう思っていたこと自体が原因でした。

そして気づきました。

「人は自分がやりたい、自分自身でやる」
と決めた事以外は続かないと。

それ以降、私はあるルールに従って行動しています。

それは、常に王道を行く。
一片の曇りもない経営をする。

その結果ありがたいことに、
今では私の周りにいてくれている人達は、
自らの意志で働きたいと思って、働いてくれています。

お客様、一緒に働いてくれる人、
商売を成り立たせてくれている業者さん、
全ての人が喜んでくれています。

そして、同じようなことが
マーケティングの世界でも言われていました。

コピーライティングという世界では、
人を操って購入させていると思われています。

しかし本当の意味はこうです。

あたかも自分自身が考えて考えた結果、
その結論に至ったかのように誘導する。

結局、人もマーケティングも、
気づいて変革を起こしてもらう、
それ以外ないのだと思います。

もし、あなたが人の問題を抱えていたら
こちらの動画を確認してみて下さい。

 

 

P.S.

楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

楠瀬健之|中小企業経営支援会

 

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。