なぜ社長は時間をお金で買わなければならないのか?|楠瀬健之|【社長力養成講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社長の仕事はたくさんあります。

売上の確保、販路の開拓、新商品開発
社員の育成、モチベーション管理
人員配置、クレーム処理
経費の削減、資金繰りの確保、
などなど

やることが多すぎてやってもやっても
次から次へとやるべきことが
増えていく。

そんな中でも容赦なく迫りくる
締め切りに何とか間に合わせるため
必死に仕事を片付けていく

さらに、会社から家に帰れば
家族が待っていて、身体を少しでも
休めたい休日であっても
身体に鞭を打って
家族サービスをしている・・・

そんな少ない時間の中で
マーケティングを学び
会社の業績アップに活かそう
と考えていらっしゃるのは
本当に素晴らしいことです。

しかし、もしあなたが
本当に自分がやりたいこと

売上確保のために得意な営業に集中したり
新商品開発にたっぷり時間をかけられたら
どんな気持ちになりますか?

そんな環境を手に入れたい!
と思われたなら
やることは1つです。

私も実践している方法で
今では本当にやりたいことに集中する
ことができています。

その方法が
専門家にお金を払うこと
です。

これにつきます。

私が普段やっている業務の中で
必要なスキル、必要な要素があらわれたときには
これをもっとうまくできる人はどこにいるのだろう
と考えます。

その方に出会えたのであれば
喜んでお金をお支払いしてお願いします。

専門家の方に頼むと、金額が高い
と思われるかもしれません。

しかし、専門分野に何年も時間を費やし
知識や経験を高め、それを凝縮して
こちらに渡してくれるわけです。
それは払うべきお金です。

私はセールスライターなので
コピーを書くことができます。

ただ、それ以上にいろんな方と
お会いして影響を与えることをしたい
と思っています、

だから、コピーを書くことを
手放し誰かにお願いしたいと
考えてました。

でも、コピーを書けるライターさんが
全然いませんでした。

じゃあ、自分でコピーを諦めて書くのか?

そんなことはしません。

まわりに頼める人がいないとなった時
私はどうしたのか?

動画で詳しくお話しています。

ご確認下さい。

 

 

P.S.

毎月たった2万円で、
楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

「月2万円でここまでやってしまって良いのか…?」と
楠瀬も悩む、中小企業の為の実践経営サポートはこちら

楠瀬健之|中小企業経営支援会

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。