私たちは出来ない事を知らないという危険を犯している|楠瀬健之|【社長力養成講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注意、、、

これからお話する事は
誰でもよく陥りがちな(私を含め)
危険な状態について、、です。

もしそうなった時、
あなたは非常に「ダサい」人間になって
しまう事でしょう、、、

実際、
あなたがこんな状態になれば、

いつまでたっても成長が見られず、
同じレベルで満足していたり、、

(でも自分では成長しているつもり、、、)

周囲からの評価も下がり、

最悪、あいつは口だけ、大した事ない、、
と影でこそこそ言われる、、

なんて事にもなりかねません、、、

一体どんな状態なのか?
それは、、、

「俺ってデキる」

そう思い込んでしまっている状態です。

初めての事でも、
(自分で思っているよりも)
割とうまくできたり、

仕事をスムーズに、
滞りなくこなす事ができたり、

そして、
他人からちょこっと評価されたりすると、

どうしても人は、

「俺、、、才能あるんじゃないか??」

と、
自分はデキる側の人間だなんて
思い始めてしまったりします、、、

この状態になると非常に大きな
問題を抱える事になります。

それは、本来なら気づくべき
「問題」にすら気づけなくなる、、

という問題です。

というのも、私達は多くの場合で
問題に気づく事ができません。

いわゆる
「分からない事が分からない、、、」

といった状態です。

一流スポーツ選手の多くは
コーチから指導を受けていますが、

その理由の一つが、
自分ではなかなか気がつけない問題、

例えば、野球で言えば、
バッティングフォームの悪い癖など、

自分一人ではなかなか見えない、
何が悪いのか分からない、、

そんなポイントを指摘してもらえる
という理由です。

一流の選手でさえ、現状の問題に気がつき、
そして改善し、さらにレベルを上げる為に
コーチから指導を受けているのです。

つまり、人は自分一人では
なかなか問題に気が付く事ができないのです。

何かの結果、人に指摘を受けるなどの
フィードバックを受け取る事で、
初めて現状の問題点に気が付き、

やっと成長をしていく事ができます。

それなのに、

自分は出来る、、、
才能がある、、、

なんて思い上がった気持ちがあると

ますます問題に
気がつく事ができなくなります。

なぜなら、自分には問題がない、、、
と無意識で思い込んでいるからです。

そのため、たとえ何かトラブルが発生しても

あいつが悪い、
状況が悪い、
環境が悪い、

など、無意識に周囲に責任転化したり、

問題を指摘をされると、

「あいつ何言ってんねん!?偉そうに!」

と、イラつくだけで、
なかなか改善をしようとしなくなります、

そのため、いつまでも同じレベルで
ウロウロし、ほとんど成長が見られなく
なってしまいます。

にもかかわらず、

「自分は出来る、、、」と
思い込んでしまうのです、、、

きっとあなたも経験あるでしょう?

部下は出来ているつもりで自信満々、、
だけど、どう見ても出来ていない、
あるいはレベルが低い、、、

そこで指摘すると、
案の定、不機嫌になる、、

まるで、
「一体何がいけないって言うんですか!?」
「何でそこまで言われないといけないんですか!?」
とでも言わんばかりに、、、です。

出来ていると思っているからこそ、
指摘される事へのフラストレーションが
生まれているのです。

このように、自分は出来る、、
といった慢心や思い上がりがある事で、

いつまでも現状の問題に気がつかず、

全く成長のないまま、
ただ時間だけが過ぎていく事になるのです。

こんな状態、、、

大人として、
非常にダサいと思いませんか?

そして、成長が全くないまま
時間が過ぎ去っていく、、

気がついた時には、
問題がかなり大きくなっていた、、、

これはビジネスをしていく上で
非常に恐ろしい事だと思いませんか?

だからこそ、今日の動画は
絶対に見ておいて欲しいです。

この動画では、
人が成長するのを邪魔する最大の障壁と、

世界一のコーチング会社から学んだ
確実に成長をする為の4つのステップを
公開しています。

正直この動画の内容は
日々を漫然と過ごし、今の自分に満足している人に
とってはあまり必要がないでしょう。

ですが、
もしあなたが、現状に甘んじる事なく
常に上を目指すタイプの人間なら、
きっと力になるはずです、、、

 

 

P.S.

毎月たった1万円で、
楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

「月1万円でここまでやってしまって良いのか…?」と
楠瀬も悩む、中小企業の為の実践経営サポートはこちら

楠瀬健之|中小企業経営支援会

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。