自分のビジネスを分かってもらえない・・・と感じた時に思い出す言葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、これまでに

なんでもっと売れないんだろう、、、

と強いフラストレーションや
疑問を感じた事はないでしょうか?

これがあれば確実にお客さんの
生活は良くなるはず、

正直、買わない方が、
どうかしているんじゃ?
と思えるくらい自信がある。

それなのに、うまくいかない、、

セールストークを変えてみたり、
いろいろ広告を出してみたり、
売り方を変えてみたり、、

でも思うように結果が出ない、、

「なぜこんなにも理解して
もらえないのか?」

こんなフラストレーションを
感じた事はないでしょうか?

あるいは今現在、
感じてはいないでしょうか?

もし、そうであれば、
その解決方法として
少し考えてみて欲しい事があります、

それは、ついつい
自分の利益を一番に考えていないか?
という事です。

少しでも、利益を残したい、、とか

ここで契約が決まらなかったら後がない、、とか

これが決まればでかいビジネスになるぞ、、とか

この人はすごい人脈を待ってる、、、
もしもこの人を口説けたら、、とか、、

個人的な利益の事が
頭の中で、大きな割合を
占めていないか?という事です。

この考え方はとても危険です。

それは、これこそが、
周囲にあなたのビジネスが、
商品・サービスの良さが理解されない

最も大きな原因になっている可能性が
非常に高いからです。

なぜなら、
人間は個人の利益を一番に考えた途端に
一気に魅力がなくなってしまうからです。

極端な話、

「私、この商品売りまくって
大儲けしたいんです」

だから買ってくれませんか?

って言われたらどうでしょうか?

絶対買わないですよね。

普通、ここまでストレートに言う事は
ありませんが、

知らず知らずの内に、
相手に対してそういったメッセージを
発信しているという事です。

事実、思考の結果は行動に現れます。

「自分を満たしたい、、、」

そう考えている事、感じている事が、
表情や、態度に、そして話す内容に現れます。

人はそういったサインを
無意識のうちに即座にキャッチして、

怪しい、この人は信用できない、
と判断します。

胡散臭いセールスマンや
煽りが強い情報商材の広告、

話がうますぎる
ネットワークビジネスの勧誘なんかは
その典型例です。

つまり個人の利益を追求すると、
あなたの発言や行動、
全てに影響が出て、

知らず知らずのうちに、

「胡散臭い営業マン」
のようになっているのです。

その結果、

売れない、
誰も理解してくれない、、
といった問題が起こってくるのです。

ですが、この儲けたいとか、
利益が欲しいといった気持ちは人間なら
誰しもが持っているものです。

いたって自然です。
誰もが成功したいし、お金も欲しい
地位や名誉が欲しい、、

それが人間です。

実際、私もそういった気持ちを
持っていますし、そんな自分が
嫌になった事もありました。

では、どうすれば、
個人の利益を追求せずにいられるのか?

知らぬ間に胡散臭い営業マンの様に
ならずに住むのか?

沢山の人に自分のビジネスを理解してもらえ、
必要とされるようになるのか?

今日はその点についてお話します。

 

 

 

P.S.

毎月たった1万円で、
楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

「月1万円でここまでやってしまって良いのか…?」と
楠瀬も悩む、中小企業の為の実践経営サポートはこちら

楠瀬健之|中小企業経営支援会

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。