生き残る会社と成長する会社の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「16兆円」

これは私と同じお師匠様の元で
学んでいる一番弟子の方が、
1年間に動かしている金額です。

はい、言い間違いなんかじゃありません。

16兆円です。

あまりに次元が違いすぎる金額なので、
どれくらいすごい金額なのか、
実感する事ができないかもしれませんが、

2018年の日本の国家予算が
97兆7128億円なので、

これは日本の国家予算の約1/6に
相当する金額なのです。

しかもこの金額を1年間に動かすのです。

もう想像がつかない世界ですよね、、、

こんな話を聞くと、
(きっとあなたもそうだと思いますが、、、)

なぜこんな次元の違う事ができるのか?
どんな秘訣が隠されているのか?

どうしたらそんなステージで仕事が
できるようになるのか?

もう聞かずにはいられないですよね?

彼はなぜそんな次元が違う事を
成し遂げているのか?

その理由を聞かせて頂いたのですが、
私はその理由を聞いた時に、

やはり、一番大切な事はそこだよな、、と、

会社が成長して大きくなるのも、

大きな資本を手にいれるのも、

彼のような
とんでもないステージに行く為にも、

結局、
一番重要な事は一緒なんだなと、

ここを一番大切にするべきだという事を
改めて再認識できたんです。

今日はそんな16兆円を動かしている
一番弟子の方が、

なぜ、そんなとんでもないステージで仕事が
できるようになれたのか?

その秘訣をお伝えしようと思います。
こちらの動画でぜひチェックして下さい。

ちなみに彼はこの秘訣について
こう言っていました。

お金は失ってもいい

なぜなら、これさえあれば、
いくらでも取り戻すことができるからだ。

でも、これだけは失ってはいけない、、

これはお金と違って、
2度と取り戻す事ができないからだ、、と

 

 

P.S.

楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

楠瀬健之|中小企業経営支援会

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。