帝王学から学ぶ、全ての問題を解決する魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

帝王学は人を支配する
心理学のようなイメージを
持たれているかもしれません。

私の理解では帝王学は、
歴史をさかのぼり
どんな王が率いた国は滅んだのか、
そして、栄えたのか?
事実に基づいた学問です。

歴史で証明された原理原則ですから
滅んだ王と同じような行動をすれば、
同じように会社は潰れてしまうでしょう。

帝王学の中で象徴的な
話があります。
他国を滅ぼす際に
「大義のない戦争をした
国は必ず滅びる」
という話です。

戦いに勝ったとしても
のちに必ず滅びているんです。

なぜか、

滅ぼされた国には
政府や軍が滅びても
民衆が残っています。

大義なくして滅ぼされた
民衆は、敵となって跳ね返ってきて
納めることはできなくなりますよね。

そして

大義のない戦争をしかける国だと
周りの国がわかれば
手を組んででも潰しに
かかってきます。

だから、たとえ勝てる戦争で
あっても、王として
大義が必要なのです。

私達経営者が
滅びず長期的に繁栄するためには
一国の王と同じ様に
誰から見ても
大義をもってビジネスをしていく
必要があります。

あなたは大義をもって
ビジネスをしていますか?

同業者だけではなく、
仕入れ先、お客さん、
従業員さん、
関わる全ての人に大義をもって
接しているでしょうか?

じゃあ、大義って何なのか?
それは「王道」を行くことです。

王道は、たくさんの
観点があります。

例えば、
相手にそして、自分の心にも
嘘をつかない。

自分の姿を誰にも
胸をはって生きていくこと

これも王道です。

そして、最も私が
伝えたい王道について
動画で伝えています。

これができれば
人を動かそうなんて
思わなくても
勝手に動いてくれます。

私は、この王道を歩み始めてから
世界が変わりました。
続きは動画でご確認下さい。

 

 

 

P.S.

楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

楠瀬健之|中小企業経営支援会

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。