魅力を磨く為のエクササイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何かと物議を醸し、
話題に事欠かない
アメリカのトランプ大統領。

彼に対しての悪評や
批判は絶えませんが、

彼には大統領になるべくして
なった強力なスキルがあります。

また、トランプ大統領と
争ったヒラリー・クリントン氏の夫、

ビル・クリントン氏が
1992年に、

当時現職だった
ジョージ・ブッシュ大統領を
破り初当選したのも、

トランプ氏と同様にあるスキルを
持っていたからでした。

一見、違うタイプに
見える二人なのですが、

彼らは共通して、
あるスキルを身につけていたのです。

実はこれ、セールスや
マーケティングでも
非常に重要なスキルなのですが、

その共通点、
一体何だか分かりますか?

トランプ氏とクリントン氏が
共通して持っていた高いスキル、

大統領選の勝利を決定づけたスキル、
それこそ、

「相手の感情を理解する」

というスキルです。

彼らの両方が、ライバル候補よりも
聴衆の感情を理解し、
発言・行動をしていたのです。

トランプ氏の発言は、一見差別的に
見られる部分もあるかもしれませんが、

彼は自分を支持してくれる
特定の人の不安や怒りを
しっかりと理解した上で、

その人たちが言葉にできなかったこと、
言いたくても言えなかったことを
代弁することで、

「そうそう!私たちが言いたかったことは
そういうことなんだ!」
「よく言ってくれた!」

というように、悪評をされる一方でも
特定の人達から非常に大きな支持を
得ていました。

そしてクリントン氏は、

ある対話集会で、
一人の女性からの質問に対し、

ブッシュ氏が女性の感情をおなざりに
する発言をする一方で、

クリントン氏は、
女性の感情をしっかりと受け止めた
上で発言をしました。

また、大統領選の演説の際、

自身を妨害をしようとした
活動家の人達に対してすらも、

「I feel your pain」
ーあなたの痛みを感じますー

と発言し、
相手の気持ちを理解しようと
する姿勢を見せました。

その姿勢が、
国民から大きな支持を受ける事につながり、
ブッシュ氏を破り当選する事になりました。

トランプ氏とクリントン氏、
性格や政治の方針は
異なるかもしれませんが、

両者とも国民を理解すること、
国民の感情面を理解することで、
彼らを惹きつるけことができ、

逆に理解が出来なかったライバルを
尻目に勝利を納めることが
できたのです。

よく、セールスや
マーケティングでは、

相手のことを理解することが
重要だと言われますが、

そこから得られるパワーは
大統領にもなれるほど強力なものだ、、、
ということです。

もし、このパワーを最大限にあなたの
会社に、ビジネスに取り入れることが
できるとするなら、

どれだけのインパクトが生まれるでしょうか?

たくさんのお客さんからの支持を、

そして一生涯に渡って
お付き合いができるお客さんを
惹きつける事ができる、、

そう思いませんか?

ですが、これって実行するとなると
なかなか難しいと思いませんか?

実際、大切だとは分かっているのに
多くの人がなかなか実行することが
できずにいます。

事実、今まであなたが、

自分の悩みや不安を本気で理解してくれた、
この人に相談して良かった、、、

と、心の底から思ったことはどれくらい
あるでしょうか?

きっと、数えるくらいしか
ないのではないでしょうか??

(だからこそできる人、
できない人の差がつくのですが、、、)

どうすれば、相手の事を深く
理解することができるのでしょうか?

今日お伝えするのは
そんな、相手の感情を深く
理解する為の方法です。

この方法を使うことで、

きっと今まで見えなかった世界が
見えるようになるでしょう、、、

 

 

 

 

P.S.

毎月たった1万円で、
楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

「月1万円でここまでやってしまって良いのか…?」と
楠瀬も悩む、中小企業の為の実践経営サポートはこちら

楠瀬健之|中小企業経営支援会

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。