【社長力養成講座】最高に礼儀正しく接すれば、相手にも伝わる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モンスター社員って
言葉を聞いたことは
ありますか?

世の中には、

事業効率を求めて、
人事異動を求めたら
不当と訴え、
精神的な保証を求められた

プロジェクトの成功を祝って
握手を求めたら
セクハラをでっちあげられた

制服のデザインが気にいらないと
集団で訴えを起こされた

そんな社員さんがいるそうです。

彼らのような
私達経営者を
理不尽なことで
困らせてくる社員を

モンスター社員と
呼んでいるようです。

一方で、
社員が問題を起こすどころか
自ら業績アップのために
動いてくれる社員ばかりの
会社もあります。

一体何が違うのでしょうか。

その答えは
ものすごくシンプルです。

私達経営者の
社員さんとの
関わり方です。

その方法を
お師匠さまから
教わりました。

なので、私自身も頭では
わかっています。

でも、まだまだ
出来ていないなぁと
感じてもいます。

簡単なことでは
ありません。

でも、もし
あなたの会社の社員さんが
自ら動いてくれるように
なって欲しいのであれば

ぜひ挑戦して下さい。

その関わり方とは

礼儀に気をつけること
特に目下の方への
礼儀を気をつけることです。

すごくシンプルです。

あなたが
嫌な態度を社員さんにされたら
嫌な態度で返すでしょうし
相手のあら探しをしてしまう
でしょう?

嫌な態度をしてしまうと
相手から嫌な態度で返ってきます。

逆も同じです。

最高に素晴らしい対応や
礼儀正しくすれば
相手も礼儀正しく
返してくれます。

でも、従業員さんに
礼儀正しくってなかなか
難しいですよね。

そんな時は
どんなことを意識して
接するか、お師匠さんから
言葉を頂きました。

これで私は、いつでも
どのように振る舞えばいいのか
明確になりました。

その言葉を
動画で紹介しています。

動画をご覧下さい。


 

 

P.S.

楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

楠瀬健之|中小企業経営支援会

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。