【社長力養成講座】社会の助力があってお金を稼がせて頂いているということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人は一人では生きていない。

それが腑に落ちたとき、
相手に尽くすことが苦でなくなります。
むしろ、それが当たり前になります。

渋沢栄一さんはこんな言い方をしています。

「富がたくさん集まればあつまるほど、
それは社会の助力を受けている、
だからあなたの責任は大きくなるばかり」

「だからこそ、
あなたはそれを良いかたちに、
より社会の利益が増えるように
使わないといけないんだ」

その言葉を知って、
私の人生は大きく変わりました。

お金を何のために稼ぐか
という理由になりました。

お金を稼いでいるというのは、
自分が社会から評価されている
からではなく

社会からより多くの助力を受けている
という証明でしかないんです。

もっとわかり易く言うと。
私という人間を信頼してお金を預けてくれ、
この人に預ければ社会を豊かにしてくれる。

そう思って、
皆はお金を使ってくれている
ということです。

だから、そのお預かりしているお金を
おかしなことに使うと次がありません。
なぜなら、信頼を失うから。

皆が使ってくれてるお金は、
お預かりしているだけ。

そして、それをより良いことに使う。
ただこれだけです。

あなたも、この内容が腑に落ちるまで、
動画を繰り返してみ下さい。

腑に落ちた瞬間、
あなたの人生は変わります。

 

 

 

P.S.

楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

楠瀬健之|中小企業経営支援会
P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。