【社長力養成講座】今持っている全てをお渡して尽くすこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は
「目の前の人に全力をお尽くしする」
と伝えています。

この言葉を聞くと
どういうイメージが
あるでしょうか。

もしかしたら

体力、気力尽きるまで貢献する
自分を犠牲にして関わるイメージを
もたれているかもしれません。

私が言いたいのは
自分を犠牲にしましょう
ということではありません。

「目の前の人に全力を尽くす」

これを実践するように
すると、周りの方が
動いてくれるように
なりました。

決して操るとか
動かすという
意味ではありません。

私にとって
尽くすということは

私の持っている全てのものを
使って頂くということです

私の持っているお金、経営資源
人脈、マーケット 何から何まで
全てです。

するとどうなるか

私のものをどうそ全て使ってください
とすると
相手は、あなたも私のものをお使い下さい

となります。

小さい頃、自分のしてもらいたいことを
相手にしなさいって言葉を聞いたこと
があると思います。
もっともですね

これを一人ひとりにやるんです。

一人ひとりに全力で尽くす
って大変と思われたかもしれません。

そんなあなたに私がしびれた
送りたい言葉があります。

「全てのことを優先度Aでやれ」

です。

全力が100で
90の力しか無い状態でも
120の気合で補え

っということです。

全力で尽くすんです。
ペース配分なんて考えていては
目の前の人に全力を尽くせません。

毎秒全力で生きるんです。

お師匠様はこんなことを
言っていました。

これを意識することで
常に全力で相手を尽くすことが
できます。

その方法を動画で話しています。

動画を今すぐご確認下さい。

 

 

 

 

P.S.

楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

楠瀬健之|中小企業経営支援会

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。