【社長力養成講座】 3つの組織のパターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の組織は大きく分けて3つの
形に分けられます。

もし、あなたの組織が最も弱い組織の形に
なっていたならば、近いうちに
バラバラに崩壊してしまうかもしれません。

最も弱い組織は、
こんな組織。

目的  目的
↑    ↑
社長 スタッフ

社長には、社長の目的があり
スタッフには、スタッフの目的がある

目的が合っていないから、
組織はまとまらず最も壊れやすい
形と言えます。

もし、スタッフの中で目的が違うので
あれば、引き止めずに
組織の外でやってもらうように
した方が良いです。

2つ目の組織の形は、
こんな組織

 同じ目的
 ↑  ↑
社長 スタッフ

社長も、スタッフさんも
同じ目的をもった組織です。

悪くはありません。

ただ、スタッフさんは、
自分の目的を達成したいから
会社にいるような状態です。

そこに、あなたの存在は
ありません。

目的は同じでも
達成するやり方が違います。

やり方が違えば、時には
対立することもあるでしょう。

まとまりずらい組織といえます。

そして、最後の組織の形

これが、歴史的にも
帝王学的にも
強い組織の形です。

問題が起きづらく長期に反映する
組織です。

その形は

目的

社長

スタッフ

です。

スタッフさんが
社長の目的を叶えるのが
僕たちの目的である

そんな関わり合いのある
組織です。

スタッフさんが
社長の目的を達成するために
尽くすと決めてくれる。

そんな組織を
どうやったらできるのか?

その方法は
驚くほど簡単です。

たった一つです。

その方法を動画でお話しています。
ご確認ください。

 

 

 

P.S.

楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

楠瀬健之|中小企業経営支援会

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。