忠告!セールスライターを目指すあなたへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例えば、桜井さんですが、
今うちのチームに入ってもらっています。

もちろん、
僕は、桜井さんに
月額でお支払いしようと思っています。

うちのチームは最初の1年間、
或いは成果が出せる明確な生産性が上がるまでは
最大収入は20万円です。

これは明言しています。
20万円だから

いろいろな機会を与えてあげる事ができます。
失敗をさせてあげられます。

30万円貰ったら、
相当の成果が求められます。

20万円だから50万円失敗していいよ、
20万円で頑張るのなら

100万円失敗していいよ、
と言う事ができます。

これを30万円下さい、
と言ったら、在り方がずれています。

「何をできる気になっているのだ、
だったら1人でやれよ」となってしまいます。

ど素人で何の実績も無い段階や、
ほんの少しスキルが付いた段階で、
何故30万円貰えると思うのでしょう?

残念ながらお断りです。
よそでやれよ、ということです。

重要な事は、
期待以上のコミットをすることです。

期待以上のコミットをしてくれるから、
もっと払いたいと思うし、

「こんな事できますか?」と
相談したくなります。

「これだけやっているのだから、これだけ下さい」
という考えでは、
「もうよそへ行ってくれ」となります。

もちろん、
圧倒的な実力を持っている方がいれば、
当然、フィーは払います。

しかし、
これからセールスライターに挑戦する
という機会を与える段階で、
生活費以上のお金が何故いるのでしょうか?

逆に、これから1年間、セールスライターとして
新しいキャリアに挑戦するのに
生活費以外に何が必要なのでしょうか?

僕は、このように思っています。
絶対にそうでないといけないとも思っていません。

ただ、今までに散々、
報酬で人を雇って結果、

上手くいった事が1回もありません。
何故なら、言われた事だけをやる人達だからです。

お金にフォーカスしているということは、
これだけやったら、これだけ欲しいという人達です。

この人達は、一切コミットしてきません。
一切期待を超えてきません。

それどころか
「これだけやったのだから、これだけ下さい」
と言ってきます。

そういう人達は、
独立して、1人で生きていけば良いのです。

組織で生きていくということは、そういうことです。
自分が食べられない時も、
誰かが食べさせてくれているのです。

こういう事を言ってしまうと
怒ってしまう人もいると思います。

「じゃあ、私はやっていられないわ」と言って、
パートナー養成会の
メンバーが減ってしまうかもしれません。

それでも僕は構いません。
どうぞご自由にと思っています。

何故なら、
このような人達と仕事をしても、
誰の得にもならないからです。

このような人達とは
一緒に仕事をする事ができないのです。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、
楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、

セールスライターとして
起業したい人は他にいませんか?

「正直、
月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と
楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support
P.P.S.
この記事への「コメント」
「質問」「いいね!」大歓迎です。

これからもセールスライターの
集客代行ビジネスモデルについての情報を
発信していきますのでお楽しみに!