セールスライターが信頼され社長の右腕になる方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成果・結果じゃない

相手に創られるのを待ってはいけません。

言われた事だけをやるのではいけません。

自分から創るのです。失敗しても良いのです。

期待以上のコミットをしていれば
失敗など関係ありません。

どれだけ間違った提案をされても、
一生懸命やってもらった提案であれば
何を否定される事があるのでしょうか。

何を悪く思う事があるのでしょうか。

きっと、このように言われると思います。

「そんなに考えてもらってありがとう。

でもそれはできそうにないよ。

でも、これからもどんどん提案してよ」

こうして、段々、
社長の右腕に近づいていきます。

成果・結果は関係ありません。

最初から成果・結果が思うように出ることなどありません。

駄目な事の方が多いです。

感情に寄り添い、コミットする

もう少し言うと、提案するからこそ、
社長の感情に段々と寄り添っていきます。

それすらもテスト改善です。

社長に提案する事が、
社長の価値観に近づくテスト改善です。

全く的外れな提案をしたならば、
その的外れの提案の真逆のところに何かがある
という事がわかります。

例えば「こうやりましょう」と言った時、
社長に「それは絶対にダメだ」と言われたら

「絶対にダメだ」と言った
社長の価値観がどこかにある訳です。

これは選択肢が絞られた事になるので
チャンスなのです。

超能力ではないのです。

もちろん、その超能力を磨いていけば、

会った瞬間に相手が何を考えているのか、
何を欲しているのか、何処に行きたいのか、
が分かるスキルも磨けると思います。

まだまだ、全然出来ませんが、
僕は日々、それを磨いています。

しかし、そのような超能力を
手に入れる必要はありません。

ただ単に、全力でコミットするだけです。

社長に提案すれば、
社長の感情に寄り添うチャンスが増えます。

そして、2回、3回と提案していくうちに
どんどん精度が上がります。

最初は、社長の頭の中は360度ですが、
1回提案して駄目だと言われれば、
半分の180度、

もう1回提案し駄目と言われれば、
半分の90度になります。

どんどん精度が上がるとともに
労力も少なくなります。

超能力は必要ないのです。

期待以上のコミットをしていれば、
必然的に相手がやりたい事、
社長がやりたい事に絶対にたどり着きます。

重要な事は、
その時の想念、在り方が

感情に寄り添った上での提案だったのかどうかだけなのです。

感情に寄り添えるかどうかは、
ほとんど重要ではありません。

提案の数でどうにでもなるのです。

重要な事は、感情に寄り添った上で
コミットしているかどうかなのです。

勘違いでも良いのです。

感情に寄り添える訳がないのです。

重要なのは、期待以上のコミットを、
感情に寄り添ったつもりになってする
という事です。

当然、つもりです。

そうする事によって、
この位置(社長の右腕)まで、
たどり着く事ができます。

是非、挑戦して欲しいと思います。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support
P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!