信頼されるセールスライターになる重要な秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社長さん達は、
誰よりも自分の会社の事を分かっています。
だから、頭の中に答えを持っています。
やりたい事、やるべき事は分かっているのです。

だから、それを客観的に感じる。
感情に寄り添って感じることによって、
社長さん達が心の底から
やりたいと思う事に対して言葉を与える。

やり方、セールスプロセスを提供し、
それを組み立て創造していく。

これができるようになると
社長さん達の右腕になる事ができます。
初めて、
パートナーとして信頼されるようになります。

そして、
皆さんにはパートナー養成会で
是非、3,4(マネージャー、社長の右腕)の
キャリアまで上がってきて欲しいと思います。

これは、簡単なことです。
期待以上のコミットをすれば良い訳です。
成果を出す必要はありません。

期待以上のコミットをした方から、
僕のチームに入っています。

例えば、
オウンドメディアチームの長岡さんです。
長岡さんとは、一緒にチームで
やっていきたいと思っていました。

ただ、最初から雇うというのは、
僕のルールではありません。
だから、
リーダーという機会を与えて
取り組み方を見させてもらいました。

そして、
長岡さんに継続的にお支払いが
できるように仕事の提案をしました。

長岡さんは2か月間、
北海道から東京に必ず来てくれました。

金銭的に余裕がある訳ではないのに
飛行機代も自分で出して来てくれました。

だから僕は、
この人と仕事がしたいと思いました。

この人に、
セールスライターとして

幸せになってもらうように機会を提供する、
そして一緒にやって行きたいと思いました。
ただそれだけのことです。

長岡さんの書く記事の質、
レビューの質などは見ていません。

僕が見ているのは、
メンバーの方にどのような
コミットをしているかだけです。

成果・結果はそれほど問題ではないからです。
重要な事は、如何に尽くせるかです。

自分事は後に置いて、
如何に尽くす事ができるか、
僕はそれを見ています。

だから、もし評価されない、
もし世間から自分の評価が低い、

こんなはずではないのにと思っているのなら、
残念ながら尽くしていない事が原因です。
そんなものなのです。

尽くしていたら、絶対に見ています。
これは、セールスライターの世界に限らず、
世の中全てが同じです。

例えば、
美容室でスタイリストさんがお客さんに
全力で尽くしていたら、お客さんにも伝わります。
また来たいなと思います。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、
楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして
起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」
…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support
P.P.S.
この記事への「コメント」
「質問」「いいね!」大歓迎です。
これからもセールスライターの
集客代行ビジネスモデルについての
情報を発信していきますのでお楽しみに!