質問です。マーケッターとはどんな人でしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セールスライターとしてのキャリアは、このようになっています。
 ①セールスライター → 365日セールスライティング
 ②マーケッター   → 365日リサーチ・コンセプト&セールスライター
 ③マネージャー   → 365日サポート&マーケッター
 ④社長業      → 365日0→1

セールスライティングの世界では、上に行けば行く程、フィーは高くなります。
そして労働という時間は減っていきます。
マーケッターになれば、マーケッターの仕事はセールスライティングではありません。
セールスライティングをしていたら、マーケティングの事を考えられなくなります。

マーケッターというのは、マーケットを創る人の事です。
商品コンセプトを考えて、誰に売るか、市場はどこか、まさにマーケットを考える事が仕事なのです
マーケッターの仕事は、365日リサーチする事です。
僕がよく言っていますが、365日、世の中の動きに対し網を張る事です。
自分が売ろうとしている関連商品、業種の動きに対し365日網を張る事です。

例えば、もし日本一のラーメン屋を作りたければ、毎日3食、自分が作ったもの以外のラーメンを食べる、スープを飲む。
ランチ時間、ディナー時間に行って、売れているラーメン屋をリサーチする。
駅前立地で売れている店、郊外立地で売れている店のリサーチをする。
マーケッターになれば、やる事は無限です。
セールスライティングをしていないので、一見、労働していないように見えます。
リサーチするのです。そして、365日コンセプトを考えるのです。

先ほど、マーケッターの仕事はセールスライティングではないと言いましたが、残念ながら、さらにプラスでセールスライターの仕事が必要です。
セールスコピーも書きます。
どういう事か?
精度が上がるから、セールスライティングをしている時間が短く見えるのです。

例えば、少し前までの僕です。ヘッドラインを考える。ストーリーボードを考える。
これは、セールスライターの仕事です。
例えば、セミナーの内容を1つ作るのもセールスライティングです。

残念ながら、上に行ったからといってセールスライティングの仕事が無くなる訳ではありません。
ただ、書く時間の比率が変わるだけなのです。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!