スキルは変わらないのに「結果を出す」セールスライターの秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちがこの世で見ているものは
全て不確かです。あなたと、他の方は、
同じものを見てはいません。

そして、あなたが今見ているものは、
あなたの心が、
あなたに見せているものです。

もし、相手の嫌な部分や悪い部分ばかりが
見えてしまっていたとすると、

それも、あなたの心が、あなたに
見せているものです。

つまり、「相手を疑う」という気持ちが、
あなたに、その映像を見せているのです。

そのため、「信じる」という気持ちを
持って相手を見ると、相手の良いところも
見えてくるようになります。

その上で、問題点も
見えてくるようになります。

原因を変えないと
変わらない・・・

おかしなことを言っているなと感じるかも
知れませんが、セールスライターとして
成果を上げたいのであれば、

日ごろから意識をした方が良いのは、

表情です。

それは、表情を意識することによって
心が変わるからです。
全ては、影響しあっています。

どこかがスタートではありません。
原因があって、結果があるのです。

僕は今、このパートナー養成会で
何をしているかというと、
みなさんの原因をいじっています。

なぜだと思いますか?

原因があって、結果が起きるからです。

結果に近い部分をいじる、というのが
テクニックの話です。

けれども、原因が変わらなければ、結果に
近い部分である、テクニックをいじっても、
何も変わりません。

もう一度言います。原因があって、
結果があるのです。

だから、原因に影響を与える部分である、

・話し方
・相手に対する接し方
・表情

これらを意識することで、
心は変わることができます。

同じことをやっても
結果が違うのは・・・

僕は、成果を出す人について
「内容は変わってない」と言っていますが、

セールスライターは結局、
内容に差は出ません。

あなたは、
こんなことを考えたことがありませんか?

「みんなやっていることは同じなのに
なんでそんなに成果が違うのか・・・」

実力に差はない

考えたことは、ありませんか?

例えば音楽で、こんな話があります。

音楽を聴くのは超一流音楽家ばかりでは
ありません。

むしろ、基本的には音楽についてあまり
詳しくはない人ばかりですよね。

そんな詳しくない人たちが、

世界でも超一流で、とても高いフィーを
取る音楽家と、そうではない音楽家の
違いなんて、どうやって分かるのですか?

基本的には「気のせい」ですよね。

実は昨日、音楽家の方とお話をしていて、
はっきりと言われました。

「実力に差は無いよ」と。

しかも、凄く恐ろしかったのは、

「そのレベルの人間だったら、
毎年8万人ずつ生み出される」と、
言っていました。音楽家が、です。

全ての楽器、声楽などを含めると、
日本だけで8万人もの音楽家が、
毎年生まれるのです。

「そんな世界なんだよね。」
という話をしていました。

どうしてこんな話をするのか

そうなのです。セールスライターも、
同じことです。セールスコピーの技術に
差は出ません。

内容がどうこうでもありません。
だからこそ、まずは皆さんの
原因を変えてください。

とは言え、セールスライティングの技術も
教えます。

でも、どうしてこんな変な話を
長くしているのかというと、それぐらい、
重要だからしています。

意味が無いことだったら、
こんな話はしません。

日ごろから表情を意識して、
まずは、あなたの心から変えてください。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

http://kusunosetakeshi.com/support

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!