無駄な集客費用をなくす方法を知りたい方は他にいませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずこれを把握してほしい。
これは一番大きなところです。

みなさんのビジネスにおいても、
これを腑に落とす、

これを理解するというところが
何よりも大事です。

DRMでお金を使ってはいけない
お客さんのパターン

そしてそれぞれの役目を振り返り、
役目というかそれぞれの状況を
振り返っていくと、

まずこのAっていうのが完全に一見客。
どうすることもできません。
いっさいどうすることもできません。

そしてこのAAっていうのは
必要最低限のものにはお金を使います。

なのでAとAAは属性は一緒なんですが、
違いは相性の問題ですね。
店が合わなかっただけです。

店とかその店長さんとか
その施術者だったりとか、
サービスが合わなかっただけの話です。

ですのでAとAAは全く同じ人たち。
合うか合わないかの話です。

なので合わなかった人なので
どうしようもないです。

基本的にビジネスのテコ入れの順番は
Aはほったらかしですね。

必要悪というか、もうこうなるんです、
どうしょうもないんですこんなの。
何もできません。

だけれども1回定着、
なのでAAは基準は定着した人ですよ。

ここで言うAというのは
完全に1回で終わった方。

もうどうしようもないですよ。
なんにもなりません。

面白い結果がこないだ出て、
整体院の定着してなかったAに
1周年の記念のDM180通出しました。

そして定着したAAには
より高いオファーを出しました。

Aには安いオファーを半額で。
AAには高いオファーを半額で出しました。

結果・・・

Aは180分の0です。
定着してない人は0です。

比べてAAにきてたランクの人は
40人に出して5人が、

具体的には¥25,000
(¥49,800が半額で¥25,000位)
の回数券を購入されました。

DRMは万能じゃない
過信すると痛い目に、、、

こうなるのです。
ですから何が言いたいかというと、

これを把握せずに皆さんが
クライアントに提案することが

どれだけ馬鹿げたことか。
ということですね。

Aに対して
「DRMはすごいからいけるぜ」・・・
やれないんですよ。

*ただ「これいけるぜ」って
以前ちょっと言ってたんですね僕(笑)。
こっそりごめんなさいしときます(笑)

あの頃の俺ごめん。みなさんにごめんです。

本当なんにもなりません。
というよりはなんともならないと
把握しといた方がいいですよね?って話です。

リソースを有効活用する
DRMのやり方

リソースは限られてる訳ですよね?
人もお金も時間も。

限られてるんだったら
やっぱり反応が良いところから
順にやっていって、

上位からおろしてってやるべきですよね?
Aはもう最後の最後ですよ。

これを知っとけばいいんです。
このことを認識するだけで全然違います。
これはスキルですから知ってればいいんです。

スキルというか知れば終わりですから。
把握するスキルですから。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.

毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、

セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

http://kusunosetakeshi.com/support

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!