あなたは顧客の高額商品を売るための成功法則をご存じですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客上位AAAの人達はお金があるわけでは無いので、自分で一番賢い買い物をします。
つまりこの人達はベターな買い物をしてくれます。
なので、商品の「松・竹・梅」を作る時にどのパッケージがベターなのか考える必要はないのです。
ここの人達が買っている商品がベターな商品です。
松竹梅の竹にあたるところ、顧客上位AAAの購入している平均値が自然と竹のパッケージになるわけです。
全ての答えはマーケットにあります。
ですから、これで竹のパッケージを作るのです。
そうしたらこの人たち(AA+)に教えてあげれば買うということですね。
これが、僕が最近言っている「高額商品をすぐに売らないといけない」という理由です。

すべての流入した新規に対して、1 番早く売らないといけません。
何故なら、リピート率が一番落ちるのは初回購入と 2 回目の購入の間だからです。
2 回目と 3 回目ではありません。
3 回目と 4 回目でもありません。
絶対初回と 2 回目です。
つまり初回と 2 回目で 1 番最高のパッケージを売っておかないと圧倒的な機会損失をしているのですね。
ビジネスモデルの中で。
なので、ここのパッケージを初回来店時に売るっていうことが非常に重要です。

例えば美容室の集客代行で、
新規の時にいきなり「最高のパッケージ」を売るとしたら何を売るのだろう、
それがどうしたら売れるのだろうと考えるべきですよね。
これは僕の仕事ではないので皆さんが考えてください。
例えば簡単なのは、
「定型DMのすべてのコンプリートパッケージを3か月で導入する」という商品を
30万円でパッケージングして それを売る責任があるかもしれません。
そうすれば一気に楽になります。
だってやれる事が増えるから。
簡単なのですよ。
高額商品をただ高く作ればいいわけじゃないのです。
クライアントの成果を心の底から保障出来るパッケージを作って、
それが提供できるだけの価格を頂き、死ぬ気でやるのです。
これが高額商品の作りかたです。

だから中途半端にこの位の金額じゃないとマーケットは反応しないだろう、
買わないだろうと思っているから、成果も出ない線で商品を作ってしまいます。
成果が出ない、価値が届けられないからリピートされないのです。
間違っていたのです。僕も。完全に。
絶対に成果の出せる商品をすぐに売らないといけないのです。
だって、私達は何を売っているのか分からないじゃないですか。
私達は結果を売っているのですよね、相手が望む結果を。
だから高額商品、相手が望む結果を提供できるだけの商品やサービスをちゃんと作り、
その商品やサービスを死ぬ気で売らないといけないのです。
ただそれだけだったのですね。

なので、私達セールスライターは、絶対に成果が出せる商品を作り、
そしてそれを使えば成果が出るとイメージしてもらえるところまでが仕事です。
イメージ、使って成果がでることをイメージ出来なければ絶対に買ってくれません。
そして、最後に背中を押すためにリスクリバーサル、返金保証をすることですよね。
これで買わない理由が一切ないです。
これでパッケージを作って売れなければもうサヨナラですよね。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.

毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、

セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

http://kusunosetakeshi.com/support

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!