これが成果・結果を出したいあなたに足りないものです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「25:25:50」というのは、インプット25で、アウトプット50です。
そして、マスターソンが言うには、残りの25は「人の行為を見る」という事です。

僕は、あの本を、全て読んだわけではないのですが、僕には、その一言で十分です。
僕の人生を振り返って、「人の行為を観る」という事にどれだけ費やしたのか、自分自身を振り返りました。
確かにその通りだと思いました。

やはり、成果・結果がでる時というのは、目の前で、既に成果・結果を出した方と、ご一緒させていただいた時です。
得られた情報量が一番多いです。
また、僕のジャンプアップ、ステージが上がったきっかけになった、という事が良くわかりました。

そして、僕らがやっている「キャリア支援会」だったり「パートナー養成会」の価値が、改めて強くわかりました。
比例的というよりも、二次関数的に、成果・結果を出される人が増えてきています。
その理由は、ここにあると思いました。

どういう事かと言うと、皆さんに近い状態から成果・結果を出された方が、次から次に出てきています。
成果・結果を出された方を観て、それを観た人自身もまた、成果・結果を出しているという事です。

この「成果・結果を出している人を観る」という圧倒的な時間。
これが、今「セールスライターキャリア支援会」で提供出来ているという事が、本当に良くわかりました。

だからこそ、このシェアの時間というのは、ものすごく有意義です。
人が成果・結果を出した理由、その人の感情に寄り添うという事が、まさしく、この現場で体感できるという事です。
成果・結果を出した人に体感できるという事は、圧倒的な価値です。

実際、今回リリースした「The Sales Writer」というコンテンツは、まさしくそこを出しています。

だから、インプットについて、何か提供する事は、僕のステージではありません。
そこは、ダイレクト出版さんが王様ですから、全てお任せします。
もちろん、僕も動画などは、出していきます。
ですが、コピーライティング、セールスライティングに関するインプットについては、既に十分に提供されています。

僕が提供するのは、こちらの2つです。
・「成果・結果を出している人を観る」
・「アウトプットする機会」

これらが足りない事が、インプットばかりしても成果が出せない理由です。

もう1つ、成果が出せない理由があります。
皆さんが、まあ、ちょっと仕方ないなと思える言い訳です。

何回も言いますが、インプットが、足りないだけです。
気合でインプット100すれば、25くらいアウトプットは出ます。
入れすぎたら嫌でも、勝手に出ます。

だから、そこは、理解して欲しいと思います。
というのは、効率良くやろうとすればするほど、上手くいかないです。
自分のやっている事が、無駄だと思った瞬間、止めてしまう。
効率良くやろうとする気持ちは、「これ、間違っているかもしれない」と思った瞬間、やっぱり止めておこうと思うわけです。

なので、そっちに振るくらいなら、溢れるくらいインプットした方が良いです。
そっちの方が、絶対に皆さんの力になります。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/careersupport/

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!

href=”https://kusunosetakeshi.com/careersupport/index_support.html”>>