これを今すぐやれないなら起業は諦めてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セールスライターとして起業すべき
タイミングはいつなのでしょうか?

セールスライターの仕事は、起業する時に
社会から一切お金を借りられません。

このあいだ1億円借りようと思って銀行に
行ったんですが、1,500 万円しか
借りられませんでした。

というのは、飲食店のように設備投資に
使うか、より関係を持つことでしか、
この国ではお金を借りられません。

年商が結構行っていて、その大半が
利益である楠瀬の場合でもそうなんです。

だから、セールスライターとして
起業する場合は、社会に積み増した信用で
食っていける状態にしなくてはいけません。

多くの方は、そこの価値観がズレています。

まずは、社会から
信用を得てください。

よくある間違いは、起業してすぐに
お金をもらおうとすることです。

それは働き始めたその日から会社の
売り上げをあげられない限りは、
ほぼほぼ有り得ない。

それが可能なのは、転職組ですよね。

つまりセールスライターとして働いてる
状態から、別のどこかで働くのであれば
わかりますが、キャリアが全くゼロの状態で

セールスライターとして起業するには、
まず社会に信用を積み増しておかないと
絶対にダメ。

とにかく
これをやってください。

じゃあ、どうしたらそうなれるのか。
それは、今はとにかく無料でも良いから
経験を積むことです。

無料で経験を積んで何度も何度も
クライアントの役に立って、相手から
「さすがにもう、お金を払いたいんだけど…」

と言ってもらえた時に、

「報酬をいただいて真剣に取り組めるので
あれば、今と同じお給料をいただければ、
全力でお仕事させてもらいます。」

と伝えることで、月額30万円 の契約が
取れて起業ができるというだけの話です。

付き合いたいクライアント
だけと仕事ができる。

実際、楠瀬がコーチングをしている
クライアントで、

5〜10万円×3〜4件=月収約30万円

の金額を稼いでいるんだけど、
仕事があるかないかで収入に増減がある
不安定な状態で、

でもものすごく成果を出されている
A さんがいました。

そして、A さんはさらに
そのクライアントである B さんとだけ
集中して仕事をしたいと望んでいました。

そんな時に楠瀬がしたアドバイスがこうです。

それは、「じゃあ、B さんにこう伝えたら
いかがでしょうか。私はもっともっとあなた
に貢献したい、

あなたのビジネスを繁栄させて、一緒に
成長していきたいと思 うので、報酬を
上げて頂けないでしょうか」

というものです。

そして A さんは、アドバイスの通り
B さんに提案したところ、報酬が
月額30 万円ぐらいに跳ね上がりました。

今では、付き合いたくない他の
クライアントの心配をすることなく、B さん
だけに集中して全力を出せるように

なれたんです。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support
P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!