セールスライターがお金持ちになる極意とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成果を出す人の共通点

自分を満たすだけの生き方をやめて、
相手に全力で貢献してみる。

そうやりなさいと
言うつもりはないけど、

確かにそれをやった人から
順に成果を出しているので、
その結果から学ぶのも大事ですよね。

パートナー養成会のメンバーで、
成果を出されてる方たちは
皆それをやっています。

8年かけて得られた極意

やっぱりお金をもらってやった
仕事ってすぐになくなるんですよ。

この程度の仕事に
お金を払う必要はないと
判断されるからですね。

クライアントの立場からすると、
お金を払わずにやってもらった仕事は、
もうちょっと様子を見たくなる。

結果には満足していなくても、

この人と一緒に仕事をやって、
一緒に成長していきたいと
思ってもらえます。

だから僕はそのやり方を
おすすめします。

そのためには、まず短期的な収入
(自分の生活の安定が得られる収入)
を明確にしておくこと。

そしてそれ以上は欲しがらず、
手放すこと。

これが、
僕がこの世界で8年やってきて
得られた極意です。

短期的な収入が確定したら、
それ以上は手放す。
きれいに手放す。

なぜなら手放すことでしか、
長期的な収入は増えないから。

だから図に書いた
(収入の推移をあらわした)ラインは、
真横ではなく、斜めに下がります。

お金をもらわずに仕事をしたら、
投資的な仕事が増えるから、
当たり前ですよね。

僕も2のフェーズ
(相手を満たす)をやめて、

3のフェーズ
(業種・業界を満たす)に
取り組んでいるところなので、

今は収入が下がっている状態です。

でもそのうち上がるでしょう。
さらに次のフェーズに進むと
下がり方もすごいし、

いつ上がるか予測もできない
世界が待っています。

これは余談ですが、

3のフェーズ
(業種・業界を満たす)までは、

例えば吸収合併などで
シェアを広げながら、
収入を上げていくことができます。

しかしそれは
3のフェーズまでのやり方で、

4のフェーズ
(世の中の役に立つ)は
違うってことに気づきました。

実際に僕のライバルが
そういう仕事のとり方をやっているので、
それを見ていてよくわかったんですけど、

「おまえのとこ
10億の仕事がいけるか?」

みたいな依頼がおりてくるんですよ。

わかりますか?
依頼の額と規模が大きすぎて、
それをこなせる会社がないからです。

「なんぼでできる?」とかじゃなくて

「10億の予算でこの案件、
おまえのとこいける?」

っていう仕事なんですよ。

正直、
今の皆さんにはまったく
関係ないと思いますが、

余談でお伝えしておくと、
僕はそのステージに行こうと
努力しています。

なので、僕がお伝えしたかったことは

①「自分を満たすこと」
②「相手を満たすこと」、
③「業種・業界を満たすこと」
④「世の中の役に立つこと」

それぞれのステージによって、
収入の増やし方も
変わっていくということです。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support
P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!