セールスライターがセールスコピーをモノにできない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だってね、超少数派ですよ?
セールスライティング勉強しているって友達と会話できますか?
中学校の同級生と「セールスライティング面白いよな」と会話したことがありますか?
何人いますか?中学校の同級生は。

例えば高校の同級生が300人いたとしたら「どいつとセールスライティングの話ができるかな」って見てください。
誰ともできないです、おそらく。一人いたらすげーなくらいですね。
ということです。ですから超少数派なんです。

つまり社会からずれているんです。
なのにそのスキルだけを高めていけば、社会からずれるに決まってる。
使えないに決まってる。これが一つセールスコピーが使えない理由です。

スキル(セールスライティング)が悪いわけじゃないんです。
使えないものではない。素晴らしいですあれは。

でも僕は1000という潜在能力(相手の感情を読み取る能力)に対して100というライティングスキル。
もちろん勉強したんでね。最低限の勉強は。使いながら覚えるタイプなんで僕は。
あんまり本は 読めなかったんですけど。

でも100の力を持ってますからそれが1000で伝わりますから、それが今の状態です。
世の中のセールスライターの中ではトップクラスの収入をいただいていると思います。
日本の中ではね多分。というだけの話です。

両方要るんです。両方要るんだけども今セールスライティングの勉強ばっかりしてるから使えないんです。

世の中の人の感情はどうなのかということを自分の中にインストールしておかないと何を扱ってるかわからないからですね。

これがセールスコピーを書けない理由です。
コンテンツが悪いわけじゃありません。最高です。すごいです。
よくぞここまで体系化したなと思います。
セールスライティングのコンテンツに関しては。すごいなと思います。

ただそれを使う準備ができていないんです。
それを使う準備が何かと言うと、「人の感情をちゃんと感じれるスキル」です。
そこを大切にしてください。充分学んでいます。
これからより大切にすべきなのは「人の感情を感じる生き方」です。

世界が変わります。圧倒的に変わります。見え方が変わります。
というよりは僕はずっとその生き方なのでみなさんが何を考えてそういうことをいうのかなというのが不思議だったんですけどね。
見ればわかるじゃんその人が何を考えているか。でもそこまでなる必要はないんですけども。

ターゲットを置いてけぼりにしてセールスコピーかけないですよね。
ターゲットと一緒にいないとセールスコピーかけないです。

いろんな理由があります。
一つがセールスコピーを学んだせいで、操るスキルと考えたせいで、相手の感情を無視してしまう。
世の中の社会の感情を無視してしまう。
スキルに惚れ込んでしまう。

だからスキルを磨けばかけると思ってしまうんですけど、スキルを磨いてもかけません。情報が足りないから。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support
P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!