他人の感情を理解するのが大切な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だから僕は、
いろんなビジネスの
プロモーションが出来るんです。

もちろん、ひとつのシステムを持っています。

ですから、
自分が、どれぐらい他人の感情を
理解出来るようになったか?

それが、セールスライターを助ける
最大のものです。

すでに、どれぐらいいろんな人の
感情に寄り添って触れたかですよね?

一回寄り添う事ができれば、
いろんなものを観た時 、
自分の中に自分の位置があるわけです。

セールスライター失格

けれども、
ほとんどの全ての人が他人の事を重視せず、
自分のことばっかり
自分が、自分がと、自分の位置しかないんです。

だから、セールスコピーが書けないのです。

自分の事ばっかり考えていたら
どう思いますか?

セールスライター失格ですよね。

それを心の底から欲しがっている人は、
どう思うかです。

それを必要としている人、
その価値を知らない人にどう伝えれば、
それに価値があると感じてもらえるかです。

自分の感情なんていらないんです。

ですから、
他人の感情に寄り添えない人間には
何もできないです。

残念ながら時給何百円で働いて下さい。

良いとか悪いとかじゃないです。

人はそれぞれに価値があって、
その生き方を望んでいる方もます。

というのは、一切責任を負わず
その生き方をしたいという方もいます。

ですから、人それぞれです。

むしろ僕は、
そういった人に全てに支えられて生きてます。

人の感情に寄り添うエクササイズ

みなさんは、
このエクササイズをするといいですよ。

「出会った全ての人に、
今この人がいなかったら、
自分の人生はどうなっていただろう? 」

というエクササイズをします。

例えば、
空港へ行ったら

空港の受付カウンターで
対応してくれてる方は、
グランドホステスさんですね。

その方がいなかったら、どうなるだろう?
もう成り立ちません。

歩いてると、トイレに行きます。

トイレを掃除していらっしゃる方がいます。

その方がいなかったら、どうなるだろう?

汚いトイレ、気持ち悪いトイレを
使わざるを得ませんね。

お昼ごはんは、外食に行きます。

店員さんがいなかったら、どうなるだろう?

食べられません。

全ての方に価値があり、
意味があり素晴らしいんですね。

だからこそ、お金を稼いでる人は、
その人達がより豊かになる
努力をしないといけない。

稼げば稼ぐほど、
自分のために使うお金なんて無くなります。

稼がせていただいているから、
社会からお金を預っているからです。

だから、
社会に価値を提供しないといけなくなります。

そこまでなれって?
人それぞれです。

何がいい、何が素晴らしい、
何が素晴らしくない?
と言っている訳ではありません。

ただ、みなさんは、
このセールスライティングというスキルで
自分の人生変えるって決めたわけですよね。

だから、言っているのですよ。

そう思うのであれば、
自分の事だけ考えていては一切駄目です。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support
P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!