関西の芸人さんが、すごい理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、自分に成果が出ていないと思うなら、ただ単にインプットが足りていないだけです。
溢れるほどインプットすれば、アウトプットは出ます。

ただ、こういう言い方は好きではないのですが、インプットだけするというのも効率的とは言えません。
そこで、一番合理的なやり方、一番良いやり方について、マイケルマスターソンがふれていたのが「IN25:25:OUT50」の法則です。
あ~、すばらしいなと思いました。確かにその視点あるなと思いました。

他にも、一般的にいうと「IN50:OUT50」というのがよくあります。ゴルフみたい。。。
皆さん、あまり反応が無いですね。

皆さん、いろいろなものに圧倒的に興味を持って下さい。興味があまりにも少なすぎます。
いろいろなものに興味を持ち、いろいろな事を知らない限り、共通言語は作れません。

例えば、ダウンタウンの松本人志さんなどが、良い例です。
ボキャボラリーが圧倒的に広いんです。話しているのを聞いていたら良くわかります。

皆は、才能だとか言いますけど、全然違います。
彼も、いろいろなものに興味を持って、いろいろなものを観てます。
そして、その中で核心という部分に触れるから、人の琴線にふれます。
セールスライターもそれくらいやらなければいけません。

他にも、関東の方には馴染みがないかもしれませんが、たかじんさんという魅力的な方がいました。
もう亡くなられましたが、カリスマ性もあり、大阪では圧倒的な王様でした。

彼は全てのテレビ番組を録画して、何台もの画面を使い、それを全て観るという事をやっていたそうです。
そして、その中で裏が取れたものしかテレビでは言わない。そういうルールでやっていたそうです。
だから、大阪で王様になれました。

いろいろな成果を出された方に共通するのは、圧倒的なインプットの量です。
何故、彼らがすごいのか?
ただ単にやっているからです。
誰よりもやっているから誰よりも人の心を引き付けます。

なので、とにかくいろいろなものに興味を持って、生きている時間すべてを吸収して下さい。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!