人に見返りを求めないセールスライターの未来像とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はいま、人に見返りを求めず貢献するという活動をしているのでよく分かるんですけど、
最初からそこの立場に辿り着くことはかなり難しいです。
やはり、最初は生活の安定のためにお金が必要です。命にかかわりますから。

とはいえ、最終的には皆さんにそこの立場まで行って欲しい。
ではどうしたらいいのか?
率直に言うと、まずは生活の安定のためのお金を稼ぐことです。

そう、自分が稼いでからかなと。

なので、ぜひ、その自分が稼ぐということをサッサとやって、その後に、目の前の人に貢献していくフェーズ。そして、いま僕がいる③のフェーズ(業種・業界を満たす、人生を通して達成したいこと、理想の環境、ビジョン)に行くほうがいいかなと思います。
セールスライターとはそれが出来るスキルです。

ただし、やっぱり一番やってはいけないわけじゃないんですが、周りを動かすアプローチとしてやっぱり自分が儲けるのが一番早いので、ご自身のビジネスになんかドンドン使ってやって行って欲しいし、そのあとは理解が得られる人たちと一緒にやっていくのが理想かなとは思います。

理解が得られると、みんなしっかりやってくれます。

ていうのが、僕自身も失敗体験があって。

みんなでやろうよ!ってなったら、みんな動かないんですね。
みんなでやろうよ!って言って動かないんで、そこは自分が結果見せて、周りを動かしていかないといけない。

いま実際、僕自身もそれでやっています。

例えば現在、金沢に行ってやっているのもその体験が活かされています。

金沢の人間で、その人は収入でいうと言えないけど億は軽く超えているような状態の収入になっているから、結局、町のお偉い方もその人の言うことを聞き始めるわけです。

金沢って結構な大きい都市です。何十万と人がいるという所で若い人間がすごい成果を出しています。

その人間がやることをみんなが注目して、その人の言うことを聞き出す。ていう風になるので、やっぱり自分自身が稼ぐことが大事。

自分自身が稼ぐっていう中で、自分自身のスキルを高めていって、そして、別に完全に無視してやるわけじゃないけど、周りから何を言われても共有し続けて、無理知恵はせずに共有し続けてやるっていうのがお勧めかなと思いますので、それが出来るスキルなので是非やっていってもらえればと思います。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support
P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!