5,000万円もの赤字を出して、学んだ事とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は、かなり前に色々な動画で言っているのですけれど、
テクニックばかりを追求しているから、利用されるという事を言いました。
テクニックばかりを使う、「俺は、このテクニックがあるから使えるだろ。」と言うから、
使い捨てにされるのです。
分りますか?「俺が食わせてやっている」「俺がいなきゃ困るだろ」いりませんって。

少し話をしますけれど、
例えば、美容院で集客・新規集客に苦戦をした。
怖い、苦しい、どうしようと思う。
その時の僕の思うところを隠さずにお伝えしますと、
「まあ、たぶん普段の行いが悪いんじゃないですか、この美容師さん」です。
それは、新規集客は、圧倒的に地域の評判が関連するからです。

何故かと言うと、美容室のパートナーで提供している物は、
全国でやって、普通に30人以上集客をした物です。何回も集客をしています。
何回集客をしても30人集客をした物をやって、集客が出来なければ、
責任は、半分ずつじゃないですか。
だいたい、リリースをした時点で、その方も信じた訳ですから、
仕方ないのではという感じです。
それでも、文句を言うなら、「お金を返すから、色々うるさく言うな。」と思います。
もちろん地域の評判を落とすほどのリスキーな広告であったなら、話は違います。
ただ、やっぱり、そのお店さんの事も考えて、集客というところも考えて、やらせて貰っている以上、そのような感じではないかなと思います。

だいたい、ぶっちゃけて言ってしまうと、
実のところ、集客に困っているお店というのは、基本的には半分以上が粗悪な店です。
それは経験して分ったのです。
いろいろな所で正直に言っているのですけれど、
この間、ダイレクト出版のサミットで登壇させてもらった時にも言いました。
僕は、勘違い、エゴで、自分の過信で、
幼馴染の店を一店舗潰しました。
出来ると思った整体院も全然上手くいかなかった。
美容室も赤字だらけですという事を公開しました。
僕の立場では、普通、公開をしたくないと思いますけれど、
立場とか関係ないので公開しました。

何を言いたかったというと、
結局、どれだけ集客力を持っていたとしても、
サービスが悪かったら話になりませんという事を一年かけて勉強しました。
累計赤字が5000万円位です。笑うしかないです。
僕のエゴが生み出した赤字です。完全に集客さえ出来れば上手くいくというエゴ。
それで、この話をシェアしています。いろんな所で言っています。

私達は、クライアントを食わしている訳ではないのです。
集客してあげている訳ではないのです。
この方々が築いてきた信頼、技術、サービス力という物に、
ほんの少しだけ、追い風を吹かせて頂いているだけ。ただ、それだけです。
ですから、集客が出来なかった時も、
半分本気で、半分冗談ですけれども、
「まあまあ、たいして風を吹かしても、意味がなかったですね」と思います。
もちろん、全力は尽くさないといけません。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?
 
「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support
 
P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!