楠瀬の実体験から導き出した、高額商品を売らないといけない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新規集客してすぐ高額商品を売るというモデルが出来れば、
どんなクライアントでも 3ヵ月以内に成果を出すことが出来ます。
やって頂ければです。

ちなみに、僕の整体院は 5月まで赤字でした。
というのは、人を雇ってやるのであれば赤字です。本人がやれば黒字です。
なので、実質はその単体で見れば、黒字ですが、僕が雇ってやる分には赤字になるということです。
この時 50万円位の売上でしたが、この高額商品を売るモデルを入れたところ、
次の月から 100万円を超えました。
何をやってもずっと低空飛行でした。
色んな施策をやってやっとなんとか 30、50万円行って良かったなという状況でした。
ここからどう伸ばすかと思い、これを入れたらいきなり「ドーンと行きました。」
つまり、社会のルールに乗らないとビジネスがずっと狂うということです。

というのは僕は このAAの人たちも引き上げようとしていたのです。
だから、このAAの人たちを引き上げようとしたせいで、
20万円を引き上げようとしたせいで 80万円を損ねていたということです。
この 80万円が下がったせいで、AA+が 30万円になってしまい、
AA の 20万円をなんとか、20万円を完全にもらって、合わせて 50万円みたいなイメージです。
イメージですよ、ただ、このようになります。
だからすぐ、高額商品を売っていかないといけないのです。
これがビジネスに強靭性をもたらしてくれます。
信じるか、信じないかは自由です。

これを、すべてのモデルに当てはめています。
そうしてこれができたので僕は地域独占プログラムを非常に作りやすくなりました。
すぐさま、利益を確定出来るから、是非、こういう考え方、80:20の法則はオカルトとかではなく、
数字から導き出したものです。
僕の体験上の数字から導き出したもの、実体験です。
AやAAの68%を何とかしようとして、マーケティングを過信していた訳です。

僕は世の中の流れをマーケティングで何とかできると思っていた訳です。
何千年も何万年も変わってないもの、変わる訳ないです。
でもすべてではないかな?
農作物、果物とか、成る果物全体に対して、2割だけが最後おいしい果物になるかな?
たぶん、間引かないといけないはずなので・・・・・そうだといいなと思っています。(笑)

ただ、そういうことです。なので、長期で見ると 80:20になります。
なので、AA+の人に売り続けようとしないことです。
これはいったん上がるだけです。
だから皆さんの LTV を上げてくれるということですね。
ビジネス全体の LTV を上げるためにありますので、もう少し言うと
AA+に売っておかないと、12%の売りが発生しないということです。
つまり、1回目で売っておかないと、この売り上げは発生しないということです。
ですからこの数字、この世の中の数字を最大化するために
マーケティングをどう使うかという風に是非考えて頂きたいと思います。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.

毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、

セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

http://kusunosetakeshi.com/support

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!