社長に信頼される唯一の方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

重要なのは、期待以上のコミットをする
ということです。

期待以上に相手に尽くすということが
重要なのです。

「そこまでやってくれるのか」と
感じてもらう。

だから、頼みたくなる、
だから食わせたくなるのです。

こんな人は僕のチームには
必要ありません

今僕は、いろいろな方をテストしています。
機会を与えて、それに対して
どう取り組んでいるのかを見ています。

言われた事しかやらない人は
チームには必要ありません。

また、「僕はここまでやるのでこれだけの
報酬を下さい」という人も必要ありません。

こういう人は、1人で生きていることに
なります。

「自分で何でもできるのだからどうぞ、
自由に1人でやって下さい」
ということです。

使いたい、この人と一緒に仕事がしたい
と思っても使えないのです。

このマインドは家族間でも
いえる事

家族の中で例えると
「私が使った食器だけ洗っておきました」
となります。

或いは
「俺は働いて給料を稼いできているのだ」
と言ってしまえば、

「じゃあ、時給に換算すると
このくらいなので、私はこの時間までしか
働きません」となってしまいます。

これと一緒なのです。

成果結果は重要ではない

人は、相手に尽くした分だけしか
尽くしてもらえません。

尽くして、尽くして、尽くすから
返そうとします。
返したいと思います。

一緒に居たいと思います。
一緒に仕事がしたいと思います。
関わりたいと思います。

それを「これは私の仕事ではありませんから
ここまでしかやりません。
成果出しているからいいでしょ」

言ってしまえば、「じゃあ、成果が
出なくなったからもういいですよ」
となります。

成果・結果でつながれば、成果・結果が
出無くなれば必要なくなります。

成果・結果は、大して重要ではないのです。
重要な事は尽くす事なのです。

どれだけ尽くすか、相手の期待をはるかに
上回る尽くし方をする。

言われてもいないのに、
新しい企画を考えてくる。
「もっとやる事ありませんか?」と言う。

だから、お返しいしていただけます。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!