自分の感情を理解するエクササイズが必要な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはどんどん人の感情を
理解できなくなっている、、、

社会の中で、言いたいこと、
思っていることを言うと
社会の少数派になります。

だから、皆さんは

社会と同じ生き方をする、
世の中の考え方と同じにすることによって、
うまく生きてきたはずです。

その中で磨かれるスキルが、
感情を感じなくするというスキルです。

自分の感情を感じなくするスキルが
育ってしまいます。

これは、社会に適合すればするほど
育っています。

なぜなら、何十人、何百人って方たちと
一緒に組織に属すると、

自分の感情なんてもってしまったら
無理ですね、生きていけません。

だから、感情を感じなくすることによって、
精神を保つということが起こります。

なので、基本的にほとんどの方は、
自分の感情を感じなくするというスキルが
育ってしまっています。

知らず知らずです。無意識です。
感じません。ここが要点です。

私たちのスキルは、
他人の感情を感じることによって、

それをセールスライティングの
テクニックを使って、

より伝わりやすくするということが、
セールスライティングというスキルで
目指していることです。

他人の感情が理解できない理由

だけれども私たちは、
他人の感情を感じることができません。

なぜなら、
自分の感情すら感じることが
できなくなっているので、

他人の感情を感じることなんて
できるわけないからです。

自分の感情を感じることができないのに、
他人の感情まで感じることは
できないからです。

どうすれば相手の感情を
リアルに感じ取れるようになるのか?

ですからまず第一に
やらないといけないのは、

自分の感情をちゃんと
自分で感じることができるように
することです。

それが、感情を言葉にする
エクササイズをここでやっている理由です。

そしてさらに大切なのは、
なぜそれをみんなの前で
やってもらうかということです。

それはクライアントの感情に寄り添う、
感情に寄り添うということが
ビジネスにとって重要だからです。

人生で最も価値のあるスキル

感情に寄り添うことが、
私たちの人生にとって
最も価値のある行為です。

それさえできれば、
はっきり言ってほかのスキルなんて
一切いりません。

けれども、自分の感情も分からないのに、
他人の感情に寄り添うことなんてできません。
だけれども、エクササイズです。

今前で話している方の
感情に寄り添うことによって、
死んでいた細胞が生き返るという作業です。

感情に、エネルギーに触れるということです。

その方が感情を前で出し、
自分がその感情に触れることによって、
どこかの細胞が生き返るかもしれない、

そのためのエクササイズです。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support
P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!