インプットを定着させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まず、この時間に自分がここに何をしに来たのか、何を目的にして来たのかを明確にしてください。
というのは、こういう所に来ると、殆どの場合課題も何も持たず、ただなんとなく来てなんとなく終わっていくということがありますので。

自分が何を解決したくてここに来たのか?どんな目的を持って参加したのか、どういう問題意識を持ってここに来たのか?ということを意識せずなんとなく受けていると、フォーカスが合いません。
ボヤーッとして、見ているようで一切見ていない、入っているようで入ってない、ということが起こります。

この講座で全部を吸収しようとしたってできるわけがありません。

もちろん、1回で30万~50万ぐらいする講座だったら、全部を学ぼうとしてもいいかも知れませんが、毎月開催されるこの講座のメリットは、それぞれの人の問題をここで解決できるということです。
ですから、課題を持って臨むということをして欲しい訳です。

ピントを絞ってここに挑んでほしいので、自分はここにどんな課題を持ってきたのか?を頭の中でまとめて下さい。

課題の解決は、1つずつクリアしていかなくちゃいけません。それを、みんな一気にやっちゃおうとするのですが、できるわけもありません。
そうじゃなくて今ある課題を1つずつクリアしていかなくてはいけません。

もっと言うと、今一番大きな課題、すべてを止めてしまっているボトルネックとなっている課題をここに持ってくるというのが、一番いい使い方だと思います。

自分がここで今何を解決したいのか、何を前に進めていきたいのかということを今一度自分の中で整理してください。

自分の中で思っているだけでは、まだ分かった気になっているだけの状態です。
なので、それを口に出してみんなの前で言うことによって、意志表明というか決意表明になります。それと同時に喋ろうとしてまとめると頭の中が整理できるわけですね。

これが「シェア」の1つ目の目的です。

なんとなく思っているだけだと分かった気になっているだけ。
ですが、ここの前に立って喋るということは、考えをまとめて発言するということになります。
そうすると、自分でも思ってもいなかったように考えがまとまるということが起こります。

それは、自分の中でまとめて発信することで情報が自動的に整理されたということです。

これはここだけじゃなくて、普段からです。

学びっていうものは、学んだだけで発信せずに終わると、一回入っただけです。
そのままにしておくと抜け落ちてしまいます。そうじゃなくて学んだ時に何かアウトプット、発信するということは、学んだことを脳の中で一回整理して出せる形にするという作業が入るんですね。そうすると全部ではありませんが、ある程度は定着します。

或いは、アウトプットしようとした時に分からなかったら、分からないっていうことに気づいて、もう一度学ぶということをします。

インとアウトというのは、セットです。

100インしたら100アウトしなければいけないみたいなことがあります。
そういうインプットアウトプットの作業を習慣付けしたいと思います。
特に1ヶ月に1回ここに来てもらって・・ここをチェックポイントとしてください。

ここにチェックポイントがあるということは、次の1ヶ月もまたチェックポイントがあるということが分かります。
次の月まで目的意識、課題意識を持って、「チェックポイントに課題を持って来る」という課題ができます。これが毎月開催している理由です。

今までだったら、ただなんとなく、「いつかセールスライタ-になる」とか言ってだらだらなんとなく過ごすわけです。
ですが、毎月その1ヶ月を次のチェックポイントに向けて課題を持って挑むという意識付けができます。

毎月あるから、ここで発信するまで気づかなかったことに気づく。
或いは、考えがまとまって自分の中で定着する。
そういった形のチェックポイントにしたいと思います。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!