もしあなたに情熱がないなら、スキルは伸びません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実力がない人の落とし穴

ダイレクトレスポンスを、
社会に対して10の価値しか提供できない人間を
100にして伝えるスキルと捉えるとします。

(ダイレクトレスポンスは)
これができてしまいます。

しかし、そうすると社会に借金をし続けます。

社会に対して借金し続けたら終わりです。

まともな社長はもう取り合わないです。

こういう世界にいる人たちは、
社会に対して借金をしているけど
自分の手元にお金はあります。

しかし社会から一切承認されません。

社会に対して借金し続けてるからです。

だから、心が不安になって
高い高い時計を(身に)付けます。

高い高い車に乗り ます。

とにかくお金を出します(使います)。

社会からお金を奪っていると、
社会がもう一回吸い上げようとします。

意味が分からないかもしれないですが、
そうなっています。

これが、実力もないのに
短時間でお金を稼ごうとする形です。

ダイレクトレスポンスを
このように使うと社会に借金します。

せっかくいいスキルなのに、
それではもったいないです。

社会からお金をいただくとは?

私は本当に情熱を燃やしているし、
執念をもってやっています。

というのは何かというと、
価値のある、
「この人は世の中に出さないといけないんだ」
という方たちを世の中に出す
お手伝いをさせてもらう仕事だと、
私の中で完全に動機づけられているからです。

だからどんな苦難にも立ち向かえますし、
どんな苦労もできます。

挑戦もできます。

まあ正直に言うと、
私はお金があって挑戦さえしなければ
一生安泰です。

社会からそれだけのお金を頂いています。

けれども、
そんなことはどうでもいいです。

たとえば、正直に言うと
今挑戦していることのせいで、
もうお金がぎりぎりになっています。

けど、そんなことはどうでもいいです。

そっちの方がやりがいもあるし、
楽しいです。

だから、皆さんの中でセールスライティング、
ダイレクトレスポンスというスキルを
そういうスキルに位置付けてもらいたいです。

楽は一生来ません!

「お金を奪おうとするスキル」では情熱が続きません。

「楽して賢く儲けるスキル」と動機づけているうちは、
努力できません。

社会に対して後ろめたいからです。

そうではなく、心の底から情熱を燃やせること。

これは別に私の形です。

皆さんがどういう形かは知りません。

お金をもらうというのが情熱かもしれません。

たとえば、「お金をたくさん稼いで家族を幸せにしたい」
「ご両親を幸せにしたい」でもいいし、
「お子さんを幸せにしたい」など何でもいいです。

何でもいいのだけれども、「お金を奪う」
「他人をコントロールしてお金を増やすスキル」
という風にして捉えてしまうと、
結局伸びません。

そしてクライアントも取れません。

そんな人間と付き合いたくないからです。

そして、「今すぐお金を下さい」
なんていう人間とも付き合いません。

ここが本当に言いたかったところです。

ちょっとまた白熱してしまいました。

何かというと、
私もそうだったので凄く分かるのです。

なんていうのかな、(楽して賢く儲けようとすると)
小賢しこくなってしまいます。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、
楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして
起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と
楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support
P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

これからもセールスライターの
集客代行ビジネスモデルについての
情報を発信していきますのでお楽しみに!