セールスライターとしてまずやるべき事とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セールスライターとしてまずやるべき事とは?

人がいない中、新規集客をやりたいというクライアントには、「人がいない中で、御社の利益を最大化するために、
今できる施策の中でやるべきことは、昔、良くして頂いた方を一人でも多くこの店舗にきてもらうということです。私は、これをやらせてもらいたいと思っています。」ということを伝える事が重要です。
クライアントに稼がせるということでは、新規集客も既存顧客呼び戻しも同じ事です。
でもそれは、自分のエネルギー、自分の収入に変えたいというものがないから言えるのです。ないから伝わるのです。こいつ金持ちだけ相手にするか、などと思われたら終わりです。独立起業する前はゼロ円でいいと思ってやって下さい。変な意味で言っているのではありませんが、「金なんていらない。小金もらってどうするのですか?」

というのは、昨日Facebookにあげたのは、「血尿が出るまで働く気のある社長がいたら死ぬ気で稼がせるよ」という養成会についてです。もうすぐコピーでリリースしますが、本当に無料で、本気で無料でやります。そして彼らにバックエンドを売る気もさらさらありません。いっさいありません。

それは何かというと、こいつまたおかしなことを言いだしたと思って聞いてください。僕はもう目の前の人からお金を頂く段階を終わらせて頂きました。僕の雇用先は社会に変わりました。社会から報酬を頂くという段階にありがたいことに入らせて頂きました。僕は社会に価値を提供するという仕事をさせて頂いています。ですので、1円もお金を頂かなくても何の不安もありません。なぜならば目の前にいる社長が正しい考え方になり、正しく稼げれば社会に価値が増えるからです。いつどこでどういう形になって帰るかわかりませんけれど社会から報酬を頂きます。そういう風になっているのです。
あなた方にそれをしろとは言いません。というかすべきではないです。今の段階ですべきでないですけれども、やっていることはまったく一緒なのです。
僕は何かというと、目の前のクライアントに価値を提供して、頂いている金額よりも何倍もの価値を提供して、お金を頂くという仕事では僕の富はもう増えないのです。僕の提供できる価値は、もうこれ以上はない最大のところにきています。であれば、社会に価値を提供するというお仕事に切り替えないといけない。ということで、無料の養成会を提供しました。他者を稼がせるということを最優先にした結果、報酬をもらわないということになりました。これは、報酬をもらわないかわりに、次のステージに行く時間を短縮しているのです。
月額いくらでもらって仕事すれば当然、流入の数が減ります。そしてお金を頂ければお客様になってしまいますので、言いたいことも言えません。ある程度頂いているので相手もお客気分です。けれども無料にすることによってたくさん人が来て、そして無料だから好き勝手を言えます。あの養成会に関してはこういう原理で作っています。

少しステージは違うかもしれないけれど、自分を稼がすのではなく、他者を稼がすという事は同じです。
僕は自分がやっていないことをいうつもりはありません。自分がやっています。
皆さんにも自分を稼がすのではなく、他者を稼がすという事をやってほしい。
起業しているのであれば自分も稼がなければいけないので難しいです。でも、本当はやった方がいいのです。
起業していて収入がなかったらバイトしてでもやった方がいいのです。その方が絶対に早いからです。お金を頂こうとしてやるから、次のステージに到達するのに時間がかかるのです。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?
 
「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

http://kusunosetakeshi.com/support
 
P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!