FAXを送ればクライアントがとれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:楠瀬健之

セールスライターが仕事をとるのにいいところは、クライアント候補を見つけるのが簡単であるということです。飛び込んでしまえば取れます。一方、BtoCは自分の商品に興味がある人を見つけるのが大変です。広くアプローチして、そこから集めてこなければなりません。

セールスライターは、クライアント候補である社長がどこにいるのかはわかっています。だからそこに行けばいいだけですね。自分のスキルレベルによって、行く場所は変わってくるでしょう。

営業せずにクライアントを獲得する方法の1つ目は交流会に行くということでした。もう1つは、FAXマガジンです。

これも業種を絞っていきます。内容が問題ですが、ハウツーよりもその業界の事例記事が良いです。その業種業界でこういうのがうまくいっていますということを内容にします。

パートナー養成会メンバーにはテンプレートをお渡ししていますね。ヘッドラインで端的に事例を説明して、その直後に成功事例の数字を載せる。そして何をしたのか、なぜなのかを書いていけばいいです。これのウケがとてもいいんです。この事例を詳しく知りたかったら、資料請求してくださいというコールトゥアクションにしましょう。

FAXマガジンはシンプルで、やるかやらないかです。

事例がない場合はどうしましょうか?業界誌などに載っている成功事例をそのまま出すのはマズイですが、その解説記事にしたら良いです。一番やっては行けないのは、マーケティングやダイレクトレスポンスの講義です。興味がわかないので、見てもらえる可能性が減ってしまいます。

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.
毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、
セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?
・楠瀬のビジネスや楠瀬のクライアントの“事例”と“使ったツール”のすべてを公開している「月刊くすのせ」
・あなたの成功を邪魔する悩み、問題、つまずきのすべてを解消できる月1回のセッション
・意識の高いセールスライターの仲間が集まる「レビューグループ」への招待
・クライアント候補が、あなたに「1度、相談してみたい」と思いたくなるオウンドメディアサイト使用権
・継続的に報酬を受け取るまでの“具体的なやり方が分かる”セールスライタービジネスモデル起業講座
・業種業界を問わず成果を出してもらえる「3ステップ顧客成長ビジネスモデル構築講座」
・クライアントの成果を支えてくれるオウンドメディアサイトの販売権

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

https://kusunosetakeshi.com/support

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!