【DRM実践講座】 新規集客① お客さんに影響を与える4つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスを行う場合に
何を優先しないといけないか
についてお話します。

優先(順位)とは 影響力のことです。

影響力が全体の
10%しかないところに
100%の力を注いで

影響力が全体の
90%あるところに
0%の力を注いだとしたら

結局10%の成果しか出ません。

多くの人は優先順位を
間違えていることが多いです。

なので優先順位を間違わなければ
あなたは今以上に成果を出すことが
可能になります。

ではその優先順位とは…

順位が高いものから
説明していきます。

①リスト
リストとは誰に売るかということです。

どの顧客層を選ぶかで
ビジネスの広がりや
あなたが得られる収入が決まります。

②オファー
オファーとは
割引や魅力的な提案のことです。

購入してもらうために
どういう提案をするかです。

③セールスに掛けられる費用
予算によって選ぶ戦術・戦略
をどう選んでいくかが重要です。

④広告の内容
セールスライターの世界でいうと
コピーの部分にあたります。

それぞれの割合は
次のとおりです。

リスト  :50%~70 %
オファー :20%
広告の内容:10%

※セールスに掛けられる費用は
動かせないため割合には含めていません。

あなたのビジネスに掛ける
優先順位はいかがだったでしょうか。

ここで説明した内容をもとに、
いまの状況を見直すことで
成果・結果が大きく
変わってくるはずです。

詳しい解説は動画でしていますので、
ぜひ内容を確認して今すぐ見直してみてください。

 

P.S.

楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

楠瀬健之|中小企業経営支援会

P.P.S.
この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。