【DRM実践講座】#9 商品を継続的に販売するセールスプロセスの構築方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックエンドは高額商品を
売ることではありません。

リピート商品を売ることです。

お客様が継続して購入しやすい
価格の商品を販売することです。

お客様目線で考えると、
買っておいた方が得だろう。
そう思えるものです。

お客様は優先順位で
買うか買わないかを決めます。

なので、リピート商品が高額で
買うのがしんどいものであれば、
他の商品が優先されてしまいます。

そうなると、
フロントエンドで集めたお客様が
いなくなってしまう可能性があります。

バックエンドでは、
お客さんが無理なく購入し続けられる
価格で販売することが継続的に繋がります。

詳しい説明はこちらの動画を確認下さい。

 

 

お金をかけずにお客様が集まる仕組みとは?中小企業のためのダイレクトレスポンスマーケティング実践講座、今回の内容は・・・

・ビジネスのセールスプロセスを構築する方法。商品を継続的に販売していくには、セールスプロセスを構築することが重要です。あなたが継続的に売上をあげていく方法。

・広告費=売上。最初は広告費=売上という考え方を身につけましょう。なぜ、広告費と売上を一緒にしなくてはいけないのか?

・バックエンド商品は高額というのは間違い?マーケティングを学んでいる人が陥りやすい、大きな間違い。なぜ、バックエンド商品で高額商品を販売してはいけないのか?
P.S.

楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

楠瀬健之|中小企業経営支援会

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。