【DRM実践講座】 新規集客⑧ 既存客の顧客単価をアップする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の動画までで、

お客さんに商品を販売するときの
4つ売り方のうち、

3つ目までを解説してきました。

残った4つ目の売り方ですが、

この4つ目の売り方をすることで
まず、
お客さんの満足度が高くなります。

そして、
満足度が高くなるので
脱落が減り、リピート率も高くなります。

さらに、
顧客単価をアップする事も
出来てしまいます。

それが、リピート客に
今売っているもの以外の商品を売っていく
という売り方です。

この売り方には

ダウンセル
アップセル
クロスセル

などの種類があります。

例え話で説明すると、

病院にかかっている、ある患者さんが
3万円の薬を飲んでいたとします。

そして症状が良くなってきたので
その3万円の薬が必要なくなってきました。

患者さんから、
もう必要のない薬をまだ買わされている
という不満が出る前に、

今の症状に合わせた5千円の薬に変更する事で
今後もリピートしてもらえるようになります。

これが、ダウンセルです。

あるいは、歩けるようになるために
3万円の薬を飲んでいた患者さんが
ようやく歩けるようになったとします。

そして歩くという現状を維持するだけなら
今後は5千円の薬で十分だけど、

歩けるだけじゃなくて、激しい運動や
ジョギングも出来るようになりたい、
もっともっと良くなりたい、

と思っていた場合には、
今度は10万円の薬を勧めます。

これがアップセルです。

また、歩けるようになったので
歩くときのウェア―や靴が欲しい、

と思っている人にそれらを売っていく、
というのがクロスセスなります。

以上、今回の動画までで
4つの売り方を解説してきましたが、

これらに関連した
1つのポイントがあります。

それは、新しい商品を売る時には
必ず守って欲しい事が
あるということです。

これを守る事が出来ないのであれば
その商品を売るのをやめた方がマシです。

今回は
そのポイントを動画で解説しています。
↓ ↓ ↓

 

 

P.S.

楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

楠瀬健之|中小企業経営支援会

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。