【DRM実践講座】 新規集客② 広告で集客できない最大の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コピー・イズ・キング

勉強熱心なあなたであれば
こんな言葉を聞いたことが
あると思います。

どれだけ、優れた商品を
持っていたとしても

その価値を伝えられなければ
売れませんよね。

反応がとれるコピーを書けるか
どうかでビジネスの結果は
大きく変わります。

だからこそ私達は
コピーのスキルを磨き続けます。

コピーが大事。

しかし、そう思っていると
レターの反応率が低かった時は、
ついついコピーを変更しよう
してしまいます。

でも、その考えが
成果をなかなか出せない
原因なのです。

なぜなら、
コピーの成果への影響力は
とても低いからです。

その影響力は
たったの10%

影響力が低いところを
改善できたとしても
成果はそれほどあがりませんよね。

コピーよりもより影響力が
強い項目が2つあります。

その2つを改善した方が
成果は簡単にあげられますよ。

その2つとは

リスト、オファー、

です。

リスト、オファー、コピー

これら3つの配分は

リスト  :50~70%
オファー :20%
コピー  :10%

この中で最も影響力が
大きいのはリスト

誰に売るのかです。

ここまではおそらく
マーケティングを勉強しているので
あればご存知かと思います。

今回注目してもらいたいのは
リストの影響力が50%〜70%
と幅をもたせていることです。

これには理由があります。

この理由を知ることで

新規集客で成果を出し続けるには
どうすればいいのか?

既存客への施策でより高い
成果を出すにはどうすればいいのか?

新しい視点を取り入れて
実現することができるでしょう

幅をもたせた理由は
動画でお話しています。

P.S.

楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

楠瀬健之|中小企業経営支援会

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。

中小企業のためのマーケティングのリアルを
実践現場からお届けします。