【DRM実践講座】#13 顧客リストの数を10倍にする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もしあなたが、
100人お客様が欲しいなら

100人集客できる方法を
考えるのではなくて

1人集客できる方法を
100個考える方が大切です。

その方法がリストのセグメント分けです。

100件しかリストなければ、
これをセグメントして1000件にします。

属性A
属性B
属性C


こうすれば10くらいには
属性を分けられます。

ちなみに、
属性Aが80だから
属性Bが20という
ことではありません。

属性Aでもあり
属性Bにも含まれる
という考え方です。

そうすると
あなたの手元にリストが
100しかなかったとしても、

リストを10倍の1000に
することができます。

詳しい方法は、
こちらの動画で説明しています。
例えリスト数が少なくても、
考え方で方法はいくらでもあります。

 

お金をかけずにお客様が集まる仕組みとは?中小企業のためのマーケティング実践講座、今回の内容は・・・

・100人集客できる方法よりも一人を集客する方法。ダンケネディは100人集客する方法は知らないが、一人を集客する方法は知っている。といっています。なぜ、100人集客するプロセスを考えてはいけないのか?

・既存客リストの数を10倍にする方法。いくらリストの数が少なくても、属性分けすることで、あなたの顧客リストは10倍に膨れ上がります。

・顧客リストにアプローチする方法。リストの属性を見て、販売プロセスを考えることで、成約率の高いセールスを行うことができます。

 

P.S.

毎月たった1万円で、
楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

「月1万円でここまでやってしまって良いのか…?」と
楠瀬も悩む、充実のサポート内容はこちら


楠瀬健之|中小企業経営支援会

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。