【DRM実践講座】#11 信頼関係を構築して高額商品を販売する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はバックエンドセールスで
よくある間違いについてお伝えしようと
思います。

これを知っているか?いないか?が、

バックエンドが
「嫌な売り込み」になるのか
「嬉しい提案」になるのか?

新規のお客さんと
長期的な関係を築けるか?
その場限りで終わるか、、、?

を決める事になります。

この間違いをすると、
せっかくチラシなどで
お金を使って獲得した顧客が

利益に繋がるどころか、
嫌がられてもう2度と利用してもらえなくなる
可能性が高いでしょう。

「かけたお金が回収できない」

というのは私たち経営者にとっては
かなりの痛手になりますし、

集客代行をしている方にとっても、
バックエンドはクライアントに
利益をもたらす重要ポイントなので、

この間違いは必ず知って、
避けるべきでしょう、、、

で、その間違いは何か?と言うと、

バックエンド販売をする
「タイミング」についてです。

正直このタイミングが
「早すぎる」場合が多いんですね。

例えば、初回にアップセルしたり
高額商品を進めたりする事です。

人は購買をする時が
一番お金を使いやすいという事で、

アップセルを勧めるというのが、
鉄板のセオリーなので、

それを忠実に実行して、
客単価を上げようとしているんですね。

ですが、これはある意味正解でもあり、
間違いでもあります。

まだ商品・サービスの良さが分かって無い、
しかも人間関係もできていない、、

それなのにいきなり、
追加購入、あるいは
高額商品を勧められる。

はっきり言って
こんなの誰だって嫌でしょう。

服を見ている時に
見知らぬ店員さんが近寄ってきて、
話しかけてきた時のあの嫌な感じ、、、

感じた事のある人も
多くいるんじゃないですか?

それと同じ事を
お客さんも感じているという事です。

仮にそれが売れたとしても
断り辛くて買ってしまった、、、
なんてケースもよくあるので、

売りつけられた感が強く、
2度と利用してもらえない事にもなります。

つまり、
信頼関係ができてない時の
バックエンド販売は、

単なる「強引な売り込み」でしか
ありません。

そもそもフロントエンドの目的は
信頼を獲得して関係を始めるための
きっかけ作りなのに、

自ら関係を壊すような事をしてしまっては
元も子もありませんよね?

じゃあフロントエンドから
どうやってバックエンドに
進めたらいいのか?

どのタイミングなら、アップセルや
高額商品の販売が売り込みにならず、
「嬉しい提案」に変わるのか?

今日はそのポイントについて
解説していきます。

お金をかけずにお客様が集まる仕組みとは?中小企業のためのマーケティング実践講座、今回の内容は・・・

・お客さんに嫌がられずに高額商品を販売する方法。お客さんに高額表品を進めて、嫌がられると、もう2度と利用してもらいません。。。

・売り込みと提案の違い。あなたは売り込みをしていませんか?売り込みはお客さんの生涯価値が短くなり、お客さんがあなたから逃げていきます。

・信頼関係を構築できていますか?ビジネスは信頼関係があれば、顧客生涯価値が長くなり、ビジネスが安定します。信頼関係を構築して、顧客生涯価値を長くする方法。

 

P.S.

毎月たった1万円で、
楠瀬健之からこんな経営支援を受けたい方は他にいませんか?

「月1万円でここまでやってしまって良いのか…?」と
楠瀬も悩む、充実のサポート内容はこちら

楠瀬健之|中小企業経営支援会

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」
「いいね!」大歓迎です。