あなたはすべての人が素晴らしいと思えますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「80 対 20 の法則」が
すべての基準となる数字です。

社会は、すべての人に支えられて
相関関係にあります。

優秀でない人も必要な理由

20%の優秀な人がいられるのは、
80%のそれを支える人 たちがいるからです。
そのどちらも素晴らしいのです。

これを理解することができれば、優秀でない
人に対してもきちんとリスペクトして、
接することができます。

なので僕は、ここのみなさんを誰一人、
見捨てません。

なぜなら、すべてが影響しあい、
価値があるからです。

もちろん、やる限りの話ですよ?(笑)
やらない人は僕の責任から外れます。(笑)

間違えて欲しくない事

それはビジネスでも一緒です。

「80 対 20 の法則」を知って、
「そうか、なるほど。
じゃあ2割だけ喜ばせばいいのか」と

いうわけではありません。
そこは間違えないでください。

いいお客さんだけとつき合うのでは、
ビジネスがどんどん小さくなります。

効率を考え、利益率が高くて
なるべく少人数のお客さんだけと
つき合おうとすると、

ビジネスとしては脆弱になります。

なぜなら数が増えれば増えるほど安定し、
変化に対応できるからです。

増えれば、何かのときには
切り離すことができますが、

増えていなければどれ
一つ切り離せなくなります。

マネジメントが必要

考え方として「80 対 20 の法則」
というのは、20%が素晴らしくて
80%はどうしようもない

というわけではありません。
すべてに価値があり、意味があり、
支えあっています。

なぜこういう話をするかというと、
みなさんは将来、クライアントの会社に
入って、クライアントのマネジメントも

しないといけないからです。

マネジメントをわかった上で、
ビジネスシステム・モデルをクライアントに
提案しないといけないのです。

優秀ではない社員がいることも
理解したうえで、
私たちは提案しないといけません。

また、優秀ではない人たちと
お話ししなければいけないこともあります。

逆に言うと、そういうスキルが私たちを
救ってくれることがあります。

自分のビジネスを
持つという事

社長の仕事は、
「すべての人が素晴らしい」という見方で、
すべての方を適材適所に配置することです。

皆さんには将来的にそれができるように
なってほしいと思います。

できるようになれば、会社を持ち、
トップに なってもいいですね。

実際、セールスライターの最高峰は、
自分のビジネスを持つことですよ。(笑)

一番報酬が大きくなりますから。
もちろん、報酬がすべてとは言いませんが、
現実に僕もビジネスを持っています。

あなたにはぜひ、全ての人が素晴らしい
という概念をとらえていてほしいです。

ただ、そうは言ってもビジネスですから、
わざわざ難しいやり方をする必要も
ありません。

「すべてが素晴らしいんだから、
すべての人を優良顧客に育てていくんだ」
ということは、できませんよね。

できないけれども、全ての人が
素晴らしいんだということは、
お伝えしたいのです。(笑)

↑動画内の「この続きはここをクリック」に何も表示されない方はこちら

P.S.

毎月たった1万円で、楠瀬健之からこんなサポートを受けながら、

セールスライターとして起業したい人は他にいませんか?

「正直、月1万円でここまで出してしまってもいいのか」…と楠瀬も悩む、サポート内容の詳細はこちら

http://kusunosetakeshi.com/support

P.P.S.

この記事への「コメント」「質問」「いいね!」大歓迎です。これからもセールスライターの集客代行ビジネスモデルについての情報を発信していきますのでお楽しみに!